袴田吉彦 嫁と別居中に小西真奈美に似てるグラビアアイドルとアパホテル不倫!ラインのやり取りもゲスい

袴田吉彦 嫁と別居中に小西真奈美に似てるグラビアアイドルとアパホテル不倫!ラインのやり取りもゲスい

俳優の袴田吉彦さん(43)が、2010年8月に結婚した妻でタレントの河中あい(31)と別居していることがわかりました。

わざわざ発表したということは、離婚へ向けての別居だと思われます。

さらに、なぜこのタイミングで発表したのかというと、週刊誌「新潮」が、袴田さんの不倫を報じたから。

しかも告発者は、グラビアアイドル(30)である不倫相手本人。

LINEの画面をみせるなど、赤裸々に、新潮記者に不倫内容を告発したようです。

新潮記事をまとめました。

【スポンサードリンク】

<袴田吉彦さん 自らグラビアアイドルに接近し不倫>

不倫相手のグラビアアイドルと袴田さんが出会ったのは、一昨年の9月13日に行われた、芸能界に顔が広いカリスマ美容師の誕生日パーティ。

場所は、西麻布のクラブだったそうです。

不倫相手のグラビアアイドルは友人と参加し、袴田さんは、友達の青年実業家と来ていたそうです。

ダンサー経験がありスタイル抜群、顔は女優の小西真奈美似の美人であるグラビアアイドルに、

「君、可愛いね。芸能人?」

と声をかけてきたという袴田さん。

その後、友人らを含めて六本木でカラオケを歌い、2人は自然な流れでホテルへと行ったそうです。

その時の様子を、グラビアアイドルが語ります。

「彼が『近くのホテルが思い付かない』というので、私が知っていた同じ六本木の『ホテルいろは』に行きました。料金は2万円くらいでしたが、あんな素敵なホテルは一度きりでした」

袴田さんと一晩を過ごしたグラビアアイドルは、背が高く話が面白く優しい彼にすっかり舞い上がってしまったのだとか。

ホテルでの別れ際に、

「お台場でフットサルをやるので来ないか」

と誘われ、フットサルの後に再びホテルへ行ったそうです。

<袴田吉彦さん 自ら月収を不倫相手に告白 ホテルはいつもアパホテル>

そのフットサルの後に、袴田さん自ら行こうと言ったホテルが”アパホテル東京木場”。

お台場から近く、便利だからかな、とその時は思ったそうですが、その後も逢瀬はアパホテルばかり。

料金は9500円と、芸能人が利用するホテルとしては格安。

何人かで食事をし、お酒を飲むといつもグラビアアイドルに

「眠くなってきた。アパ予約して」

と言い出したそうです。

一昨年9月から3ヶ月あまりで、2人で10回ほどホテルに行き、そのうちの7回はアパホテル。

なぜそこまで袴田さんがアパホテルにこだわったかというと、彼は金欠だったのだと不倫相手は言います。

「『月収は固定で月100万円』という一方、『カネがあるとつい使ってしまう』が口癖。彼がホテル代を払ってくれたのは最初の4、5回だけ。私の友達にタクシー代がないと言って1万円借りたままですし、いつも金欠でしたね」

さらに、アパホテルのメンバーズカードのポイントを使うのも目的の1つだったようです。

芸能人と知られるのを警戒して、友人名義のメンバーズカードを持っていたという袴田さん。

毎回ポイントを貯めていたそうです。

【スポンサードリンク】

<つれないLINE 年明けからは連絡が来なくなる>

頻繁にアパホテルで密会していた2人でしたが、年が明けると、冷めたのか、袴田さんからの連絡がパッタリと途絶えたそうです。

新潮記者に、グラビアアイドルが見せた携帯電話には、不倫相手の前で無防備にぐっすりアパホテルと思われるソファの上で眠る袴田さんの写メが。

さらに、LINEの画面も。

そこには、

”よしくんとはもう会えないの?”

という問いかけに対して、松岡修造さんの絵文字が『ぺこり・・・』と滑稽なほどの神妙な表情でお辞儀をする絵文字で返す袴田さんのメッセージが。

別の日のLINEでは、

”起きてる?”

との問いかけに

”今から撮影”

とそっけない返答が。

グラビアアイドルに、すでにもう気持ちがないことは明らかなやりとりが表示されていました。

所属事務所に今回の不倫について聞くと、

「妻とは14年夏から別居中です。とはいえ、件の女性と不適切な関係にあったことは反省しています」

との回答が。

グラビアアイドルは、2人の不倫関係について、こう振り返りました。

「彼から好きだと言われたこともないし、私とはただの遊びだったのでしょう。1泊7000円のホテルでの逢瀬なんて、ずいぶん安く見られたと思う。でも、彼はあのせまーい部屋で、なんでも話してくれた。それって一時的にせよ、私のことが好きだったんじゃないかと思ってしまうのです」

なんとも身勝手な男だと感じました。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)