大竹しのぶ 紅白でのマジ顔が怖い!松潤に本気モード 止まらない年下好き

大竹しのぶ 紅白でのマジ顔が怖い!松潤に本気モード 止まらない年下好き

もうすぐ60歳を迎える大御所女優・大竹しのぶさん(59)。

以前から、「年下の男の子が好き」と公言していて、人目もはばからずアタックする姿が何度か話題になりました。

そして今は、昨年末の紅白歌合戦で大竹しのぶさんの狙っている相手が丸わかりだったと、話題になっています。

「大竹しのぶって・・・やっぱりスゴイわ・・・」

と、居合わせた女性記者たちが大きなため息を漏らした、との行動とは??

女性セブンが関係者に取材し明らかにしています。

【スポンサードリンク】

<大竹しのぶさん 今まで年下の男性に本気で”恋”を!>

ある程度の年齢になると、人間誰でも若くてピチピチした異性に目がいくもの。

大御所女優だって、同じです。

天然で可愛らしい仕草と顔で人気を博した女優、大竹しのぶさんもその一人。

かつて、『君の名は。』の主題歌を歌う、RADWIMPSの野田洋次郎(31)にメールアドレスを渡したことを、ある番組内で自ら暴露。

他にも、自分が気に入ったアーティストのライブに行き、ライブ後に楽屋に顔を出してはご飯に誘って、仲良くなっているというのは関係者の間では有名な話なのだとか。

最近ではますますその兆候が激しくなり、

「はじめての男の子でも、感動すると”気持ちを伝えたい”と会うなり抱きつく」

と音学関係者は証言しています。

アーティストの他にも、俳優の三浦春馬さん(26)に本気で恋をしたことを告白しています。

そして、今回、2016年の紅白歌合戦のリハーサル現場で、今大竹しのぶさんがターゲットにしている相手が松潤だということがわかりすぎるほどわかるほどの自由奔放な行動があったということが、関係者への取材で明らかになりました。

【スポンサードリンク】

<紅白歌合戦のリハーサル現場 周囲を唖然とさせたその行動とは>

今回の紅白歌合戦が初出場だったという大竹しのぶさん。

最初はさすがに所在無げにしていましたが、そこはさすが大女優、いざリハーサルが始まると、本番さながらに『愛の讃歌』を鬼気迫る様子で歌い上げ、スタッフも思わず息を呑んだそうです。

しかし、その表情は、舞台袖から嵐の松本潤さん(33)が出てくるや否や一変。

松本潤さんのそばに駆け寄り二の腕を取ると、上目遣いでハニカミながらじっと見つめて離れないのだとか。

司会の有村架純さん(23)から話しかけられても、上の空で答えるも視線は松本潤さんから外さず、さらに力強くぎゅーっと服の裾をつかんで離さなかったそうです。

実は、大竹しのぶさんが松本潤さんのファンだというのは有名な話なのだとか。

嵐のコンサートの常連でもあるそうです。

しかし、今回のリハの現場ではこれでもか!というほどの密着ぶりで、関係者も唖然としていたのだとか。

すべて台本の演出通りに松本潤さんは行動しエスコートしているのですが、それすら忘れて、まるで少女のように松本潤さんにしがみついていたそうです。

その後、大竹しのぶさんは背伸びをして松本潤さんの耳に顔を近づけ、ひそひそと耳打ちをしながら舞台袖へと消えて行きました。

ご飯にでも誘っていたのでしょうか。

<本番でもやはりタッチ ファンの反応は・・・>

さすがにリハーサルの時ほどではなかったというものの、本番でもはやり松本潤さんにロックオン。

嵐の曲が終わると、両手でハイタッチをし、左手は松本潤さんの背中にしっかりと添えて、ゆっくりと歩きながら袖へ向かったそうです。

テレビを見ていた視聴者も、気付くほどの異様な光景だったようで、視聴者から続々とこの光景に関してのコメントが相次いだそうです。

《大御所とはいえど、松潤に堂々とタッチはやめて!》

《松潤にとってはお母さん世代でしょ・・・どう見ても友達同士ではない》

などなど、当然批判的な声がほとんど。

いくつになっても、”女”であり続ける大女優大竹しのぶさん。

やはり、人間年相応が一番だと痛感します。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)