RADWIMPS野田洋次郎 天才と言われる影にはピアニストの母の存在が

RADWIMPS野田洋次郎 天才と言われる影にはピアニストの母の存在が

映画『君の名は。』の挿入歌『前前前世』が大ヒットし、昨年の紅白にも初出場を果たした、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのバンドRADWIMPS。

そのメインボーカルを務めるのが野田洋次郎さん(31)。

2015年に公開された映画『トイレのビエタ』では主演もつとめ、俳優デビューもしている天才肌です。

そんな野田洋次郎さん、売れる前は、ピアニストの母にかなり支えられていたということが、女性自身の取材によってわかりました。

【スポンサードリンク】

<野田洋次郎さんとは どんな人物?>

父親の仕事の都合で、10歳までアメリカで育ったという野田洋次郎さん。

帰国してからは、名門の私立中学、高校と進み、そこから慶應大学に進学しました。

そんな野田洋次郎さんの実家があるのは、都内の高級住宅地に建つ一軒家で、ガレージには高級車が2停まる、それだけで裕福な家庭と分かる門構え。

近所の住民によると、

「この辺りは根強い人気エリアなので、土地の坪単価は150万円以上。野田さん宅は地下1階地上2階建てで、200㎡もある豪邸です。高級住宅街のなかでもかなり立派ですよ」

という話です。

恵まれた環境と、頭の良さで、エリート街道まっしぐらだった野田洋次郎さんですが、エリートの道を捨て、大学を中退し音楽活動に専念することを決意したそうです。

【スポンサードリンク】

<音楽活動は苦労時代が長かった>

もともと、高校時代からRADWIMPSの名前で音楽活動をしていた野田洋次郎さん。

しかし、地元の高校生のなかでは有名なバンドだったとはいえ、ライブハウスに来る客といえば身内ばかり。

デビュー当初も集客にはかなり苦労していたので、食べていけるかもわからない状況で大学を中退し音楽活動に専念した野田洋次郎さんの決意は、相当なものだったと思われます。

そのまま大学に進学し、就職をしていれば、お金持ちのおぼっちゃまとして安泰した生活が待っていたのにも関わらず、自ら極貧バンドマンへの道を選び、夢を追う息子を、野田洋次郎さんの母親は、ライブに通って応援し続けたそうです。

<息子の下積み時代を応援し続けた母親に直撃取材>

ピアニストだという野田洋次郎さんの母親。

1月中旬の昼下がりに、実家から姿を見せた母親に、女性自身の記者が声をかけました。

ー息子さん、紅白出場おめでとうございます。活躍ぶりをどう思われますか?
「とっても頑張っているなと、私たち家族もみんなうれしく思っています」

ー不遇な時代、よくライブに駆けつけていたとか。
「ええ、確かに。息子ですので、応援したいですからね」

ーアメリカにいたころから、音楽はされていた?
「そうですね。あちらの音楽にも刺激を受けて。小さいころから音楽は好きな子でした」

ーピアニストのお母さんの影響で音楽の道へ?
「私の影響ですか?さぁ、あったのかしら(笑)。それよりも、本人の努力だと思いますよ」

と、突然の直撃に戸惑いながらも笑顔で答える、美しいお母さんだったようです。

自分の夢を諦めないで叶えてくれたことが嬉しい、と、愛息について語る母親。

RADWIMPSの快進撃は、まだまだ止まりそうにありません。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)