浅田真央 引退について高橋大輔に相談!逆境を乗り越えられるか

浅田真央 引退について高橋大輔に相談!逆境を乗り越えられるか

昨年末の全日本選手権で、まさかの12位に終わったフィギュアスケートの浅田真央さん(26)。

引退を撤回し、再びリンクに戻ってきた彼女にとって、厳しい状況が続いています。

その後、

「しばらく休みたい」

と語っていた浅田真央さん、このまま引退してしまうのでしょうか?

そんな浅田真央さんが、引退についての本音を語った相手がいます。

その相手は、元フィギュアスケート選手で、長年ともに戦ってきた仲間、高橋大輔さん(30)。

女性自身が、取材を元に、浅田真央さんの本音を報じています。

【スポンサードリンク】

<浅田真央さん 心も体も苦しい現在の状況>

2016年の年末に行われた、全日本選手権。

期待を集めての出場でしたが、結果は12位。

かつての女王のこの惨敗に、ショックを受けたファンも多かったのではないでしょうか。

全日本選手権を終え、年が明けた2017年1月8日、情報誌各紙が、

「真央 今季は試合出ず」

と一斉に報じ、さらにファンは驚愕。

理由は、痛めていたひざの治療。

残りの試合にはいっさい出場せず、当面は左膝の治療に専念するとみられています。

あくまでも、平昌五輪を見据えての休養と浅田真央さん側は説明していますが、失意の中の休養宣言だったために、ファンの間からは

「真央ちゃん、このまま引退しちゃうの!?」

という心配の声も多数上がっています。

2016年のNHK杯からひざの不調を訴えていた浅田真央さん。

痛み止めを打ってリンクに上がる浅田真央さんに、

「きつかったらやめてもいいよ」

と、スケート連盟の幹部の声掛けに対し、浅田真央さんは

「1年間かけて復帰という決断をしたのだから、途中で投げ出したくない。最後までやります!」

と気丈に答え、周囲からの心配をよそに、前に向かって強く歩みだしていたのです。

【スポンサードリンク】

<親友 高橋大輔さんらに打ち明けた 今後のスケート人生への思い>

2016年の夏、テレビの企画で高橋大輔さんや織田信成さん、鈴木明子さんらと対談している浅田真央さん。

その番組内で

「現役復帰したのは平昌五輪に出場するため。そしてメダルを取るため。自分でやると決めたんだから、絶対、最後までやりきる!」

と固い決意を語っていました。

その番組終了後、親友である高橋大輔さんは、その発言に対して

「真央は一度決めたら絶対に曲げないから」

と周囲に漏らしていたと言い、その決意は相当固いもののようです。

失意の結果に終わった全日本選手権では、ナビゲーターとして会場入りしていた高橋大輔さん。

しかし、その現場では、解説者としての立場を忘れ、不安そうな様子だったといいます。

早朝練習の時から額に脂汗を浮かべて滑り続ける浅田真央さんの痛々しい姿に、本音で声をかけ、本番に向かうという場でも、

「無理しちゃダメだよ!」

と、涙ながらに訴えていたそうです。

浅田真央さんの、強い意志を知っているからこそ、夢の実現を応援したいという高橋大輔さんの思いの表れだったのではないでしょうか。

浅田真央さんの思いは、あくまでも”引退は五輪挑戦後”という強い決意で、それはこの先も揺らぐことはなさそうです。

今は治療に専念している浅田真央さん。

順調にいけば、今年の5月頃にはプログラム作りに入る予定とのこと。

キャンプもすでに計画されているそうで、五輪に向けての準備は着々と進んでいるようです。

引退前の最後の五輪、ぜひ、あの輝きを取り戻した浅田真央さんを見たいという思いは、ファンならずとも持っているのではないでしょうか。

がんばれ、真央ちゃん!!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)