ASKA 逮捕は誤報じゃなかった!自宅(住所:目黒区東が丘)に売人が出入りした形跡も!

ASKA 逮捕は誤報じゃなかった!自宅(住所:目黒区東が丘)に売人が出入りした形跡も!

ASKAが覚醒剤取締法違反で二度目の逮捕となりました。

前回の逮捕から、約2年2ヶ月、警視庁組織犯罪対策5課は、ASKAを内偵していたわけではなかったそうです。

ではなぜ、今回の逮捕となったのでしょう。

逮捕のきっかけは、 ASKA本人の幻覚と意味不明な言動。

そしてASKAを良く知る売人が、ASKAの逮捕前の行動をフライデーに告白。

逮捕前のASKAの行動の詳細や、逮捕時の様子などをまとめています。

スポンサードリンク




<元売人が語る 1度目の逮捕後から今までのASKAの詳しい様子>

「脳が溶けちゃってるんじゃない?」

元売人は、ASKAのことをこう語ります。

今回、ASKAが逮捕されたのは、11月25日の夜に、

「度重なる盗聴・盗撮や、APPLE IDのアカウントを乗っ取った犯人を特定した」

とASKA本人が警察に通報。

通報により自宅に駆けつけた警察が、逆に、ろれつの回らないASKAを怪しみ、任意で尿検査をしたところ、素直に応じたASKAの尿から、覚醒剤の陽性反応が出て、逮捕となりました。

「盗聴された、追われてるってのは、ヤクを打ちまくった人がよく口にするセリフ。重度の中毒者は自分が置かれている状況が理解できないから、平気で警察に助けを求める。ラリったASKAが自ら警察に110番通報したって聞いても、少しも不思議じゃないね。先月、のりピーの元旦那の高相祐一がパクられたでしょ?普通の芸能人のお客さんなら、ニュースを見た途端、サーっと引く。しばらくクスリをやめて、海外旅行に出かけたりする。だけど、ヤク中の人にそんな発想はないわけ。クサ(大麻)はナチュラルなモンだから抜けるけど、覚醒剤とかコカインみたいなケミカルなヤツは脳に焼き付いちゃうんだよね。再犯率、80%だから」

と、元売人がASKAの行動について語りました。

そして、逮捕と同日、近所の住民がASKAの自宅前に不審なセダンが停まっていたことを証言。

さらに近隣に取材をすると、不審な車が目撃されていたのはこの日だけではありませんでした。

「秋口に入ってから、他府県ナンバーの乗用車がASKAさんの自宅のゲスト
用カーポートにちょくちょく停まるようになり、見かけぬ男性が頻繁に出入りするようになった。『レコード会社の人かな?ほとぼりが冷めて、音楽活動を再開したんだね』なんて女房と話していたんですが・・・あれが売人だったんでしょうか」

スポンサードリンク




<2度目の覚醒剤 ASKAはどうやって入手したのか >

2014年に、1度目の逮捕をされた際、裁判で覚醒剤の入手先を洗いざらい告白したASKA。

このことによって、”新宿薬局”と呼ばれていた新宿の組・北海道の組・都内の別の組の3つの暴力団が、大打撃を受けたそうです。

「ASKAを潰す」

と怒りで宣言していた暴力団によって、また覚醒剤に手を染めさせられ、お金を巻き上げられた可能性もあります。

以前覚醒剤で逮捕された田代まさしは、厚生を目指し社会復帰に向けて活動をしていた頃、イベントにきた客と握手をした際、売人の連絡先が書かれたメモを手渡され、そして再犯に走りました。

これからわかる通り、1度覚醒剤に手を染めてしまうと、いくら自分が更生したくても、周りがそれを許してくれない、という状況に陥ってしまうことが多いようです。

売人にしてみたら、薬物中毒者は金づる。

そう単に手放すわけがありません。

逮捕直前に、ワイドショー『ミヤネ屋』に電話出演し、

「まだ警察もつかんでいない、モノを置く場所がある」

と語っていたASKA、警察は、以前の逮捕時に”クスリ部屋”として使われていた北海道と都内のマンションは売却されているため、現在都内のホテルをガサ入れしています。

<復帰に向けて動き出していた矢先の逮捕>

9月下旬には、13曲からなるニューアルバムのレコーディングが最終段階に入ったことを自身のブログで報告していたASKA。

メジャーのレコード会社が数社、名乗りを上げている、とも言っていました。

さらに私生活では、前回逮捕によって愛人の存在が浮き彫りとなり、さらにその愛人とのシャブSEXの様子が法廷で赤裸々に語られても離婚をしなかった妻に支えられ、更生に向けて中毒患者が入院する病院にも通っていました。

しかし、そんな妻のことも、また再び裏切ってしまうことに・・・。

執行猶予中の再犯ということで、前判決の懲役3年と合わせて今回は5年の実験が下る可能性が高いと言います。

東京五輪のテーマ曲を密かに作っていたというASKA。

しかし、今回の逮捕によってシャバに出られるのは、すでに東京オリンピックが開幕されてしまった後になりそうです。

13曲のニューアルバムの曲も、覚醒剤の力を借りて作成したのでしょうか・・・。

その中の1曲、『FUKUOKA』という曲の歌詞は、こんな歌詞でした。

《いまは昔 昔はいま 誰でもない自分さ 生きるように生きてきた めくれば文字が現れるように こんにちは さようなら おはよう おやすみなさい 繰り返しながら僕はここに居る sweet and good memories ニューシネマパラダイス》

・・・皆さんは、意味がわかりますでしょうか。

私には、難解すぎてちっとも理解も共感もできませんでした。

スポンサードリンク




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)