石浦(相撲)病気克服しハリウッドのオファーを蹴って相撲の道へ!!数奇な半生

石浦(相撲)病気克服しハリウッドのオファーを蹴って相撲の道へ!!数奇な半生

新入幕で10連勝という快挙を成し遂げた、大相撲の力士・石浦が今話題ですね。

そのワイルドな風貌と、大きいだけではなく筋肉隆々としたその身体で、ファンも多いようです。

今まさに大相撲界に旋風を巻き起こしている石浦を調べてみると、実に面白い半生を送っていることがわかりました。

文春が取材によってまとめています。

スポンサードリンク




<石浦とはどんな力士か>

身長173センチ、体重は幕内最軽量の140キロと小柄。

しかし、それを補って余りある持ち前のスピードで対戦相手を翻弄し、勝ち続けてきた石浦。

新入幕10連勝という記録は、大鵬・陸奥嵐以来、相撲史上3人目という快挙です。

今場所でのその勢いから、一時は新入幕優勝か!?というところまでいきましたが、もし本当にそうなれば、実に102年ぶりとなる大記録でした。

父親は、琴光喜・照ノ富士らが出身の名門・鳥取城北高校で、相撲部の総監督を務める外喜義(ときよし)さん。

母の美智代さんとの間に生まれた石浦は、相撲一家の中で育ち、離乳食はちゃんこだったといいます。

5歳の時にすでにまわしをつけ、小学生からは地元の相撲道場に通ってはいましたが、同級生よりも小柄だった石浦は、なかなか勝てず結果が出せませんでした。

しかし、そんな中でも昔から負けん気だけは強く、1年生の時に、負けたくない6年生と対戦し、相手に歯型が付くぐらい噛み付いたこともあったのだとか。

そして、中学生になると本格的に相撲に取り組み、親元を離れて相撲部教諭の家で寮生活を始めました。

その頃の石浦について、中学校の恩師はこう振り返ります。

「『体は小さい、力もない、素質もない』と何もなかったが決して諦めない気持ちの強さがありました。全国大会優勝の山口(現十両)というライバルの存在も大きかった」

そして、一番の悩みだったのは食の細さ。

たくさん食べることができず、そのためになかなか体も大きくならなかったそうです。

白飯をいっぱい食べるために、寮にこっそりふりかけを持ち込んで怒られたこともあるのだとか。

スポンサードリンク




<一度は挫折し、相撲を諦め意外な道へ>

相撲の名門・鳥取城北高校から日本大学という相撲のエリート街道を順調に進んでいた石浦。

横綱の白鵬に、

「山口と一緒にお前も来ないか」

と部屋にスカウトされたこともありました。

そんな順風満帆だった石浦ですが、大学3年生の時に初めて大きな挫折を味わいます。

腸の病気によって、苦労して増やした体重が10キロ以上落ちてしまい、相撲のレギュラーから外されてしまったのです。

傷心の石浦は、大学卒業後の2012年5月、ついに相撲の道を諦め、心機一転、オーストラリアへ留学することを決意。

アデレードの語学学校で級友だったという渡部喜江さんが、当時を振り返ります。

「マサ君(将勝”まさかつ”・石浦の本名)とは毎日ランチを共にし、週末は主人と一緒にフットボール観戦したり、クラブに行ってビールを飲んだりもしました」

それまで相撲一筋できていた石浦、この時期になって初めて羽を伸ばし、青春を謳歌していたのかもしれません。

そんな中、一度は映画俳優の道を志したこともあったそうです。

相撲によって鍛え上げられたその肉体とワイルドな顔立ちが映画関係者の目に留まり、ハリウッド映画『X−MEN』シリーズの、日本人の敵役のオーディションになんと合格。

俳優をしようかどうか、というタイミングの時に、自宅のインターネットでたまたま相撲中継を目にすることがあり、再び相撲魂に火がついたのだとか。

「今なら人生やり直しがきく。もう一度大好きな相撲をやりたい」

と留学先の友人に打ち明け、ホストファミリーへお礼の手紙を書き、オーストラリアをあとにしたそうです。

<異色の力士・石浦 サクセスストーリーは始まったばかり>

高校に進む頃には、アパレルの道を志したこともあるほど、ファッションにこだわりもある石浦。

ヒップホップの『鎖グループ』のトレーナーを着こなすという、各界のおしゃれ番長です。

自転車が趣味で、100万円以上のお金をかけて楽しんでいるのだとか。

通常、力士はタクシーで移動するのが通常ですが、石浦は、足腰のトレーニングも兼ねて、自転車で移動することが多いそうです。

そんな日々の習慣によって、あの強靭な肉体が築き上げられていったんですね。

嫌いな食べ物は牛乳、自転車が趣味で、ヒップホップ系のファション。

一度はハリウッドの道も開けていたのにもかかわらず、それを蹴ってまで相撲界に入った石浦・・・。

この先もきっと、想像もつかないことをして、私たちを楽しませてくれるに違いありません。

目が離せない力士ですね。

スポンサードリンク




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)