長谷川穂積 進退は引退と決定!綺麗な嫁も祝福!

長谷川穂積 進退は引退と決定!綺麗な嫁も祝福!

WBC世界スーパーバンタム級王者の長谷川穂積選手(35)が現役引退を表明しました。

関係者からは、まだまだできそうだから残念だという声が多く出ているようです。

しかし、嫁や娘さんがとても長谷川選手の体を心配していて、特に娘さんは、お父さんにボクシングを早くやめて欲しかったようです。

そんな嫁・泰子さんの仕事について、そして、長谷川選手の息子が発達障害?という噂についても調べてみました。

スポンサードリンク



<長谷川穂積さん プロフィールや経歴>

本名:長谷川 穂積

通称:日本のエース

階級:スーパーバンタム級

身長:168.5cm

リーチ:169cm

生年月日:1980年12月16日

出身地:兵庫県西脇市

戦績:総試合数38(勝ち33・KO15・敗け5)

5人兄弟の長男(2番目)である長谷川選手。

5人て、多いですねぇ。

どこかのボクサーは、自分より格下を選んで対戦するということでバッシングされたということもありましたが、長谷川選手は、自分よりもランキング上位者を中心に対戦しているところが支持されているボクサーです。

世界王者になる前は、スピードとバランスを生かしてポイントを稼いで判定勝ちを収める作戦の、“倒さないボクシング”のスタイルを貫いていた長谷川選手。

「地味なチャンピオンでいい」

と謙虚に語り、勝ち星を重ねて着実にランキングを上げていき、ついに世界王者に。

それ以降は意識が少し変わったのか、徐々に“KOするボクシング”を目指して自分のボクシングスタイルをを改良、その後は、7割ほどのKO率のボクサーとなりました。

スポンサードリンク



<長谷川穂積さん 嫁泰子さんとの馴れ初めは?泰子さんの仕事についても>

高校時代からの知り合いだという長谷川選手と、嫁の泰子さんは、17歳の時に知り合ったそうです。

そして、2002年に結婚。

長谷川選手には、常に”恐妻家”という噂がたっています。

なぜ恐妻家と言われるかというと、バラエティ番組などで長谷川選手が泰子さんから言われたことを、大げさにネタのように話すことからだと思われます。

「手数が少ない試合が「面白くない」と嫁にズバッと指摘された。」

「スパーリングを見られて「あれでいいんか?」と妻に叱責された。」

「審判がほとんどアメリカ人のジャッジでアウェーの状況なので、弱音を吐くと、「アメリカで試合したいいうてた人間がなにいうてんの」と、奥さんに一喝された。」

「普段の洗濯物は夜洗って、チャンピオン自ら干す。」

など、なんとなくキツイような印象を受けるエピソードの数々。

しかし、実際は夫を支える非常に良いしっかりした奥さんで、減量や練習に付き合ったり、料理は減量メニューでも美味しく食べられるように工夫するなど、暗くてマイナス思考になりがちな長谷川選手を常に励ましてあげる健気な女性。

そんな泰子さんに関して調べていると、なぜか”仕事”というキーワードが出てくるので、何か特別な仕事をしているのかと思いましたが、特に情報は出てきませんでした。

なぜ仕事というキーワードが出てくるのかも疑問です・・・。

旦那さんを食事や生活の面でもしっかりサポートしているようなので、おそらくは専業主婦ではないかと思われます。

<長谷川穂積さんの子供は発達障害!?>

長谷川穂積選手の家族は嫁・子供二人の合計4人家族。

SNSなどで家族写真を公開したり、勝利後のリングに子供たちがあがるなど、とても仲の良い家族として知られています。

子供の名前は、長男が大翔(ひろと)くん長女が穂乃(ほの) ちゃんです。

息子さんは長谷川選手そっくりで、娘ちゃんはまるまるした可愛い顔立ちで、お父さんにはあまり似ていません。

気になるお子さんの生年月日・現在の年齢ですが、残念ながら公開されていませんでしたので、分かりませんでしたが、結婚が早かったことと、息子・娘さんの成長度合いから、おそらく上の子供は中学生くらい、下の子どもは10~12歳位?ではないのかと。

さらに、息子さんが発達障害、だというキーワードも出てきたのですが、これに関しては全くのでたらめのようです。

なんだか、ネット社会って怖いですね・・・。

十年以上支え続けてくれていた嫁・泰子さん、今回の引退について、何か語るのでしょうか。

そばで見ていた分、感きわまるものがあるかもしれませんね。

長谷川選手のボクシングが見れなくなるのは残念ですが、今までお疲れ様、と言いたいです。

スポンサードリンク




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)