愛子さま 不登校の真相は激やせも関係 思春期の複雑な乙女心

愛子さま 不登校の真相は激やせも関係 思春期の複雑な乙女心

愛子さまの不登校が心配されてから約6週間後。

やっと、平常通りに登校できるようになったとの報道があり、関係者や周囲では安堵のため息が。

当初は、午後だけなど、不定期な登校時間でしたが、現在ではほぼ通常通りに授業を受けているようです。

いったい、愛子さまの不登校の本当の理由はなんだったのでしょうか?

様々な憶測が流れる中、フライデーが不登校の真相を取材。

激やせも関係していて、そこには愛子さまの、思春期ならではの複雑な思いがあったようです。

スポンサードリンク




<愛子さま 愛犬や相猫に囲まれての穏やかな生活が一変>

9月に動物病院から譲り受けたという猫・『セブン』。

セブンという名は、”ラッキー・セブン”からとって、演技が良く、この猫が幸せであるようにという思い出愛子さまが名付けたそうです。

それ以前に、もうすでに6年間も買っていた猫の親子『人間ちゃん』と『みー』。

今年5月に、母猫の『人間ちゃん』が死んでしまったため、子供の『みー』が可哀想だと常々思っていた愛子さま。

そんなことから、セブンを引き取ることを決めたようです。

セブンは、みーともすぐ仲良くなり、愛子さまはとても可愛がっているそうです。

そして、猫以外にも、愛犬『由莉』の存在が愛子さまを癒していました。

もうかなり老犬になるようですが、愛子さまは日頃からブラッシングを欠かさず、散歩を楽しんでいたようです。

しかし、今年の愛子さまは、初体験が重なりました。

夏からの奈良県への新武天皇山陵を参拝し、京都御所も見学。

他にも、公的な式典へ出席したり、皇太子・雅子妃両殿下の地方公務にも同行されるなど、実に多忙な毎日となっていました。

大勢の人々の前に出る機会が増え、愛子さまにある”心境の変化”が起こったようなのです。

スポンサードリンク




<愛子さま 自ら 自分の在り方を模索した結果のダイエット やりすぎて体調不良に>

9月に入ると、愛子さまは自ら食事のコントロールを始めたそうです。

炭水化物を断つことから始め、食事の量を全体的に減らし、それが続くとどんどん食欲が落ちてきた愛子さま。

少しやり過ぎてしまったのか、水分もあまり受け付けなくなってしまい、体力が低下し、ひどい日には意識が朦朧とする日も出てきたと言います。

公務の疲れや、夏の暑さによる疲労も、取れないままの毎日だったそうです。

ついに、9月下旬に東宮侍医による治療を受け、ダイエットの影響で出ていためまいやふらつきの症状をなおすためには、休養が大前提だという診断をうけた愛子さま。

その後、バランス良く食事をとることや、散歩などをしてゆっくりと体力を回復することを勧められたと言います。

現在、「由莉」の散歩はまだ無理ですが、散歩をしたり、学校へ平常通りに通学できるまでに回復した愛子さま。

久しぶりに愛子さまの姿が見られると、沿道からは

「愛子さまー」

「可愛らしい」

「痩せてきれいになった」

などという歓声が上がりました。

愛子さまなりに、自分がどう他人から見られるかを意識しての、ダイエットの結果だったのだと思われます。

今回、やりすぎてはしまいましたが、皇室の人間としての見られ方、在り方を意識してのダイエットは、愛子さまの一途で真面目な性格がそうさせたのかもしれません。

自分の在り方を自分で考えるようになったことは、成長の証といえるのではないでしょうか。

痩せて美しくなった愛子さま、これからはもっともっと自分に自信を持って、学校生活を楽しみ、公務に励まれるに違いありません。

スポンサードリンク




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)