市川海老蔵 祇園で浮気 相手は人気舞妓M 地元では有名だった2人の仲

市川海老蔵 祇園で浮気 相手は人気舞妓M 地元では有名だった2人の仲

小林麻央さんの乳がんとの闘病が、話題になってから間もない今。

その妻を献身的に支える夫、市川海老蔵さんの好感度も、今までの女遊びが激しい”悪童”というイメージを一新し、良き旦那・良き父親としての印象がとても強くなり、文春の好きな夫婦ランキングにもランクインするほどに。

しかし、そんな市川海老蔵さんに、結婚後も京都・祇園に女性の影があったことが明らかになりました。

スポンサードリンク




<市川海老蔵さん お気に入りの女性は人気舞妓Mさん>

海老蔵さんと噂されているのが、京都・祇園のお茶屋『T』の舞妓Mさん。

まだ若く、なんと未成年のMさんですが、これからの祇園を背負って立つ、金の卵と言われて期待の舞妓さんと言われています。

とても可愛らしい今風の美人で、優しく気配り上手。

当然、祇園の舞妓の中では人気ナンバーワンだといいます。

海老蔵さんは、京都に行くと必ずお茶屋『T』に行くほどの常連で、Mさんをかわいがっていたというのは祇園では誰もが知る有名な話なのだとか。

Mさんは海老蔵さんのブログにも何度か登場するほど親密な関係で、舞妓デビューをする際には海老蔵さんからお祝いも送られ、Mさんも海老蔵さんの公演を見にいくなど、2人はとても近い存在です。

小林麻央さんと結婚したあとも、頻繁に『T』に通い続けていたという海老蔵さんですが、今までその関係が表ざたになることはありませんでした。

しかし、今回Mさんと海老蔵さんの親密交際が発覚したのは、今年に入りMさんが突然舞妓を辞めることになったことがきっかけでした。

スポンサードリンク




<Mさんが舞妓を突然辞めた理由は海老蔵さんにある?女将に直撃取材>

ある週刊誌の取材によると、Mさんが舞妓を辞めた理由は

《すでに歌舞伎役者の恋人がいたが、海老蔵にちょっかいを出されて、この三者の間で一種の心理劇、恋のさや当てが演じられた模様、その結果祇園を辞めたというのが話の顛末である》

と報じられました。

その歌舞伎役者というのは、若手の実力派・尾上右近さん。

海老蔵さんの後輩で一緒に祇園で呑むことも多く、当然『T』にも2人で出入りしていたそうです。

祇園では、尾上さんとMさんの関係は有名で、Mさんが辞めるという噂が飛び交ったときには、2人が婚約するからだと周囲は疑わなかったほどなのだとか。

海老蔵さんも2人が恋仲だということは知っていましたが、そこへ横槍を入れたという形になります。

この件について、『T』の女将に現代の記者が直撃取材を成功させています。

ーMさんが引退されたのは海老蔵さんが原因なのでしょうか。
「なんですか、それ。お父さんが、がんを患ったからですよ。実家を手伝うために帰ったんです」

ーMさんと海老蔵さんはどういう関係ですか。
「贔屓にしてもらいましたが、それ以上の関係ではありません。そもそも海老蔵さんは、奥さんの病気以来、京都に来てもこういうところ(お茶屋)に出入りしていません。うちにしても今年は一度も来ていません。昔はそういうこと(お茶屋が良い)もあったかもしれませんが、いまは京都に来ても食事をするだけですよ。Mは確かにべっぴんさんだから人気がありました。だからいろいろ言われてしまう部分もあるかもしれません。歌舞伎役者の恋人もいないです。そんなの私が許しませんよ」

しかし、等の祇園の人間関係はとても複雑で、自ら関係を暴露することなどしなければ、男女の仲は公になることはありません。

野暮というものなのだそうです。

なので、海老蔵さんや尾上さん、Mさんの関係について、あれこれ言う祇園の人間は今までいなかったそうです。

<過剰な女遊びが過ぎた市川海老蔵さん>

過去の市川海老蔵さんの女関係は、”芸の肥やし”という域を明らかに超えたものでした。

2003年、海老蔵さんが25歳の時、先輩である市川右近さんの元恋人である4歳年上の元歌手の女性との間に隠し子が発覚したことから始まり、海老蔵さんの女性遍歴はかなりのもの。

「おなかに子供がいて(彼女が)産みたいと言うので、どうぞと言いました。私は結婚を考えていませんが、それでもいいですかと言うと、いいですと言われました」

「僕は子供の頃から歌舞伎の世界にいて普通だと思っています」

と記者会見で発言し、世間からものすごいバッシングの嵐を浴びました。

その後も、宮沢りえさん・米倉涼子さん・佐藤江梨子さん・高岡早紀さんら美人女優と次々と浮名を流し、芸能人の他にもホステスなど一般女性との艶聞を報じられるなど、海老蔵さんには常に女性の影がありました。

京都での終演後には必ずと言っていいほど祇園に飲みに出かけ、『T』以外のお茶屋にも出入りし、芸妓さんをナンパしてそのまま自分のお座敷に連れて行くということなどもあったのだとか。

今から2年前、妻・麻央さんの乳がんが発覚した頃から、さすがにお茶屋では見なくなったという海老蔵さん。

妻に寄り添うことを選んだ海老蔵さんですが、舞妓のMさんとの関係について、事務所担当者はこう証言しました。

「京都へ伺いました際には『T』さんに長年お世話になっておりますが、そのような事実(Mさんにちょっかいを出した)は一切ございません。Mさんがお辞めになられたのも、お父様がご病気になられたからとご本人からも聞いています」

いつまで、Mさんとの関係が続いていたのかは正確には明らかになっていませんが、時期的に考えて、明らかに結婚後もMさんとは関係があったと思われます。

今後、闘病中の麻央さんを悲しませるようなことにならなければいいのですが・・・。

スポンサードリンク




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)