うつみ宮土理 現在の顔が!?ひるおびで謝罪の過去も爆報に登場

うつみ宮土理 現在の顔が!?ひるおびで謝罪の過去も爆報に登場

12月23日放送の「爆報!THEフライデー」に、タレントのうつみ宮土理さんが登場します。

旦那の愛川欽也さんを亡くしてから、夫ロスに悩んでいたという噂は本当だったのでしょうか。

うつみ宮土理さんの顔が、なんだか変になってきた、という噂も。

さらに、過去に「ひるおび」で謝罪をする出来事をしでかしたというのも気になります。

うつみ宮土理さんについて調べてみました。

スポンサードリンク




<うつみ宮土理さん プロフィールや経歴>

名前:うつみ宮土理(うつみみどり)

本名:井川 三重子

生年月日:1943年10月1日(71歳)

出身:東京都世田谷区

身長:156cm

血液型:A型

出身校:実践女子学園中学校・高等学校

学歴:実践女子大学文学部英文学科(首席で卒業)

1966年に、日本テレビ系列の子供向け番組である「ロンパールール」の2代目お姉さんとしてデビュー。

女優としてテレビドラマや映画にも数多く主演し、小説なども執筆するなど、幅広い分野で活躍しています。

1978年には、俳優の愛川欽也さんと結婚。

その後、大の韓流ドラマ好きが昂じて、2007年4月から3か月間、韓国の慶熙大学校語学学校へ語学留学をしています。

韓国語を習得するために、家庭教師をつけて、日々勉強に励んだそうです。

<うつみ宮土理さん 現在の顔が気になる?>

2015年に、最愛の夫である愛川欽也さんを亡くしたうつみ宮土理さん。

その1か月後に開いた記者会見では、顔がげっそりしてしまっているだけでなく口の左側が引きつっているかのような上がり方をしていて、視聴者から指摘が相次いだそうです。

見ているこちら側が心配になってしまうほど憔悴しきっていて、明らかに睡眠不足のような、そして食事もろくに取っていないような印象を受けました。

さらに、前述した大の韓国好きということで、プライベートでも頻繁に韓国に旅行していたうつみ宮土理さん。

韓国には整形文化のイメージが定着していることから、顔の変化は整形が原因なのではないかという説もネット上でささやかれていたようです。

しかし、整形したという正確な情報はどこにもなく、さらに憔悴しきっている夫の喪中に整形をしに韓国へ行くということは考えられません。

普通に考えて、うつみ宮土理さんの顔の変化は、過度のストレスと憔悴からきたものだと思われます。

スポンサードリンク




<過去に「ひるおび」で謝罪??>

うつみ宮土理さんを調べると、ひるおび 謝罪というキーワードが出てきます。

てっきり、ひるおびで何かやらかして、謝罪する羽目になったのかと思いきや、そうではなく、実は謝罪を「しなかった」ことが問題となったようなのです。

ことの経緯は、東日本大震災のことについて、議論が交わされていた時のこと。

自民党の小野寺議員に、突然

「被災者の気持ちがわかるのか?被災地で毎日でも生活してみろ」

と、激怒し始めたのです。

しかし、小野寺議員は、家族が被災し、震災翌日から宮城に行き、ずっと支援していて、そのことを番組内でも話しています。

国会と被災地を往復し、避難所で、並ぶ死体の中を母親と一緒に眠るなど、壮絶な体験をしています。

TVタックルに出演た際は、支援物資など数々の支援の手続きに時間がかかることや現地の実情を、涙ながらに訴えていました。

自分では被災地に行ってもいないのに、突然の激怒とこの発言に、視聴者からは批判が相次ぎました。

うつみ宮土理さんは謝罪すべき!という声が数多く上がりましたが、自身のブログでもメディアでも、謝罪することはなかったそうです。

なので、この華麗なスルー劇に、「ずるい女」だと、かなり評価が下がったようですね。

愛川欽也さんを亡くした直後は、顔が変わるほどの憔悴ぶりで話題になったうつみ宮土理さん。

果たして、「夫ロス」の噂は本当なのか、最新の近況が「爆報!THEフライデー」で本人の口から語られるようです。

スポンサードリンク




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)