小倉智昭が嫌いと言われる理由!菊川怜との不仲は本当?

小倉智昭が嫌いと言われる理由!菊川怜との不仲は本当?

「とくダネ!」でおなじみの人気キャスター、小倉智昭さん(68)が、膀胱がんの手術のために入院することがわかりました。

「とくダネ!」番組内で、自ら発表したようです。

治療に専念するために、すべてのお仕事を休業するようで、芸能界に驚きが走っています。

そんな小倉智昭さん、以前から歯に物着せぬ、独自の観点の発言が話題となり、失言や暴言などと嫌われる原因にもなっているようで・・・。

そして「とくダネ!」でアシスタントを務める女優の菊川怜さんとの不仲説なども根強いようです。

今回はそんな小倉智昭さんの失言と、菊川怜さんとの仲についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

<小倉智昭さん 暴言・失言集>

・「日本の仕打ちは、ちょっと辛く当たり過ぎた」
→中国の毒ギョーザ事件に関しての一言。完全に中国側が悪いにもかかわらず、中国を擁護するような発言をして批判を浴びました。

・「もう、どうでもいいや。急激にこの人たちへの興味も薄れちゃった・・」
→元プロボクシングの亀田兄弟に関してのニュースを受けての発言。その前に長い時間をかけて一生懸命ことの経緯を説明していた笠井アナを遮るように言い放ち、笠井アナは「まだ興味をお持ちの方もいるのではないかと、お届けしました」」とコメントして、笠井アナへの同情の声が殺到。

・「海老蔵さんの付き合う人をいちいち取り上げていたら大変」
→市川海老蔵さんと小林麻央さんの交際報道の時、バカにするように冷笑しながらの発言。

・「だーれが得するんですか!!こんなの放っておけばいい!!」
→麻木久仁子さんと山路徹さんの不倫騒動で、大はしゃぎしながらの発言。

・「(勝ち)星が買えればいいのにね」
→元横綱の朝青龍が成績不振で低迷していた時の発言。もちろん批判が殺到し、その後謝罪をしましたが、
・「そういう表現が私の持ち味」
・「それでお詫びしろというなら司会を辞めさせてください」
と付け加えていて、謝罪する気はゼロだったようです。

・「女子もそうだし、男子も若い人たちが育ってきてるから、フィギュアスケート界の将来は明るいとは思うんですが。ただ、それまでの“つなぎ”で、ぜひ!」
→フィギュアスケート界の女王、浅田真央選手の去就をめぐっての一言。女王に対して”つなぎ”扱いの発言に、さすがに共演者からもつっこみが入っていました。

・「名前変えたほうがいいよ。レディー・バガ」
→レディー・ガガの奇抜な衣装を見てのコメント。世界の歌姫相手に、バカ呼ばわり・・・。

次から次に出てきて、おさまりきりませんね。

独自の視点というよりは、考えなしに発言しているようにしか思えません。

そして自分は全く悪くない、いつでもやめてやる、というスタンス。

こういったところが、嫌いと言われてしまう理由なのかもしれません。

【スポンサードリンク】

<菊川怜さんとの不仲説>

「とくダネ!」に菊川怜さんが抜擢された際、とっても歓迎ムードだった小倉智昭さん。

「僕は怜ちゃんと呼ぶ」

と、そのキャスターぶりに初めはべた褒めでした。

ですが、そのうちに、

「キャスターはそんなに簡単じゃない」

と、周囲にこぼすように。菊川怜さんのコメントに対して、番組中にもかかわらず、その場で注意する場面も。

さらには、番組内で菊川怜さんにコメントを振ることが激減し、視聴者からも、不自然なほどだとネット上などで話題になっていました。

それはそのまま視聴率に影響し、不仲説が流れ始めたあたりから「とくダネ!」の視聴率が低迷。

その頃から、「とくダネ!」スタッフに対する暴言や態度の悪さなども取り上げられることが増え、世間の”小倉智昭嫌い”に拍車をかける結果となりました。

いかがでしたでしょうか。

独自の切り口から、芸能から政治のニュースまでに関してズバッと発言する小倉智昭さん。

人から批判を浴びたりすることも多いキャラクターだと思いますが、その意思の強さで、今回の闘病を乗り切って欲しいと思います。

たとえ、一部の嫌われ者でも、いなくなると、寂しいですよね(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)