西田敏行 カンボジアの黒い噂!映像も存在?

西田敏行 カンボジアの黒い噂!映像も存在?

『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)で、俳優の西田敏行さんが復帰しました。

今年2月に自宅のベッドから転落して頸椎亜脱臼し、しばらくは車イス生活が続いていて心配されていた西田敏行さん。

さらには5月上旬に胆のう炎が発覚し、摘出手術、怪我や病気が重なり、周囲からは復帰に関して危ぶまれる声も聞こえていました。

しかし今回復帰が実現し、さらにはあの「釣りバカ日誌」のスペシャルドラマも公開されるそうです。

そんな西田敏行さん、優しそうな笑顔を物静かな語り口が印象ですが、なにやら黒い噂が付きまとっているようです。

なんでも、カンボジアでの映像が関係しているようで・・・。

西田敏行さんのプロフィールなどと合わせて、調べてみました。

【スポンサードリンク】

<西田敏行さん プロフィールや経歴>

本名:西田 敏行
生年月日:1947年11月4日
出生地:日本・福島県郡山市
身長:166cm
血液型:B型
職業:俳優・歌手・タレント・司会者

映画好きの養父に連れられ映画館へ通い詰めていて、チャンバラ映画に熱中だった少年時代を過ごした西田敏行さん。

1967年に俳優として芸能界にデビューし、テレビドラマ『西遊記』や『池中玄太80キロ』・映画『釣りバカ日誌シリーズ』などの多数の人気作品に出演している名優です。

持ち前の歌唱力を生かして歌手活動を行っていた時期もあり、1981年に発売された『もしもピアノが弾けたなら』は大ヒット。

2001年11月に『頸椎性脊髄症』、2003年3月に『心筋梗塞』、2016年2月に『頸椎亜脱臼』、2016年4月に『胆のう炎』と数々の病気を患った経験があり、少し健康状態が心配されています。

プライベートでは、一般女性と結婚されており、娘さんが2人いらっしゃいます。

人柄は、とにかく、涙もろくて人情家、という話ですね。

・「本当によく泣く、毎日泣く」

・「動物と子どもが出てきたらそれだけで泣く」

・「一生懸命頑張っていると泣く」

・「お笑い芸人さんが一生懸命やっていると、笑うところなのに、その裏を読んで泣く」

というくらい、涙もろいのだとか。

しかし、そんな人情家の西田敏行さん、実は裏の顔があるようなんです。

【スポンサードリンク】

<西田敏行さん 黒い噂 ドS・腕折り・薬!?>

西田敏行さん、実はかなりアブノーマルな趣味の持ち主だということは、有名な話らしいです。

それはかなりのドSで、「プレイ」もドSじゃないと気がすまないようで、なんと女性の腕を折る「腕折りプレイ」をしているというのがその黒い噂というやつです。

SMプレイが大好きで、その専門の風俗店でも、あまりにやりすぎて出入り禁止になってしまった、という噂もあるようです。

SMの出張サービスを、あるホテルに呼び出した際に、その女の子に土下座し、

『ホテルと話はつけてあるし、治療も最高の病院を紹介するから、君の腕を折らせてくれ』

とガチで頼み込んだという、衝撃的な記事が週刊誌に載ったこともありました。

当時、週刊誌「実話ナックルズ」には、「俳優X」として名前は伏せられて報道されたようですが、のちにこれが西田敏行さんでは無いか、というのが有力な説みたいです。

さらに、西田敏行さんのこのドSプレイは、日本だけには止まらず、なんとカンボジアにまで広がりを見せます。

日本ではばれてしまうと思ったのか、カンボジアに旅行した際に、現地の風俗店の女の子の腕を折るなどのプレイの動画が存在する、という情報が。

さらに、その動画をもとに、西田敏行さんが何者かから脅されている、というのです。

まだまだ、黒い噂はあります。

実は西田敏行さんは所属事務所の尿検査を頑なに拒否したという報道があるのです。

西田敏行さんは、麻薬取締官、通称「マトリ」に目をつけられているという噂があるのです。

以前、芸能界では清原和博さんや高知東生さんが薬問題で逮捕されてましたが、捜査機関は逮捕した彼らから「つながり」を見つけ出し、次の人物の逮捕へ乗り出そうとした際、そのターゲットとなる人物の特徴が西田敏行さんとぴったり一致しているのです。

いずれも、決定的な証拠が無い噂なんですが、なんだか、ドSプレイの方は、やけに具体的で怖さすら感じてしまいます・・・。

あのテレビで見る、西田敏行さんの笑顔は偽りなんでしょうか。

映画「アウトレイジ」で見せた、あの強面の顔が、素顔なのか・・・気になるところではあります。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)