千代の富士 がんで死去 激やせが娘のSNSで判明 家族やプロフィール

千代の富士 がんで死去 激やせが娘のSNSで判明 家族やプロフィール

2015年名古屋場所を全休し、膵臓がんの手術を受けていた大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が、東京都内の病院で亡くなりました。

手術後は職務に復帰していましたが、最近はがんの転移が見つかったとされ、闘病を続けていましたが、治療のかいなく61歳という若さで此の世を去ることに・・・。

九重親方といえば、横綱千代の富士の時は敵なしの強さを誇った力士。

九重親方のプロフィールや経歴、エピソードや家族のことなど、まとめました。

【スポンサードリンク】

<九重親方 元横綱千代の富士 プロフィールや経歴>

名前:千代の富士 貢(秋元 貢)(ちよのふじ みつぐ(あきもと みつぐ))
出身地:福島町
生年月日:1955年6月1日 生まれ(61歳)
血液型:A型
愛称:ウルフ・大将・ゴリラ 小さな巨人・小さな大横綱
得意技:右四つ、寄り、上手投げ
最高位:第58代横綱
生涯戦歴:1045勝437敗159休 (125場所)
優勝:幕内最高優勝31回 幕下優勝1回

1955年に北海道松前郡福島町で漁師を営む家に生まれ、子供の頃から漁業を手伝っていたこともあり、自然に足腰が鍛えられていたという九重親方。

中学生時代の陸上競技では、走り高跳び・三段跳びの地方大会で優勝し、「オリンピック選手もいける」と言われるほどに、運動神経が抜群だったそうです。

1970年9月場所初土俵を踏み、1975年9月場所で昭和30年代生まれの力士としては第一号の新入幕を果たして、世間を驚かせました。

しかし、右肩を脱臼したときの入院中に、「もし2カ月で治したいなら筋力トレーニングを行い肩の周辺を筋肉で固めなさい。」と医師に勧められたことから、肩を筋肉で固めはじめ、毎日500回の腕立て伏せ・ウェイトトレーニングに励み、脱臼を克服しました。

非常にストイックな姿勢がわかるエピソードですね。

細身で筋肉質な体型と精悍な顔立ち、そして豪快でスピーディな取り口から若い女性や子供まで知名度が高まり、アイドル的な人気を得、一気に大関・横綱への昇進を決めた1981年は「ウルフフィーバー」といわれるほどの人気ぶりで、相撲界の新しいファン層の開拓に非常に貢献した人物の一人です。

1989年6月、誕生したばかりの三女をSIDS(乳幼児突然症候群)で亡くす不幸に見舞われますが、直後の7月場所は首に数珠を掛けて場所入りし、奇跡の優勝を果たしました。

また、同年9月場所には通算勝ち星の新記録を達成し、同年9月28日に大相撲で初となる「国民栄誉賞」を受賞。

引退後は、1992年4月に師匠の九重(元横綱・北の富士)と名跡交換し、九重部屋を継承しました。

【スポンサードリンク】

<九重親方 嫁は>

九重親方と部屋を支えてこられたのが旧姓、進藤久美子さんという、とても綺麗な女性です。

親方よりも4歳年下なので、現在の年齢は57歳だと思われます。

進藤久美子さんと親方との出会いは福岡のスナックと言われていて、2年ほどの交際を経て結婚されました。

また久美子さんは元福岡市長だった進藤一馬さんの親戚筋に当たられる方です。

昔はライオンの洗剤のCMにも出演していて、モデル活動や芸能活動もあったと思われますが、結婚後は完全にテレビのお仕事からは退いています。

そんな久美子さんと九重親方の間には4人の子供が誕生しました。

長男、長女、次女、そしてもう一人娘さんがおられたのですが、前述の通り乳幼児突然死症候群で亡くなってしまいました。

<娘と息子について>

長女は秋元優さんという方で、モデルやDJなんかとして活躍されています。

次女は秋元梢さんでモデルをされていることは有名なので知っている方も多いかと思われます。

九重親方の娘さんとしてよりもモデルやタレントとしてのほうが知っているという人も多いかと思われます。

九重親方ががんで闘病のニュースや、訃報によって、九重親方が秋元梢さんのお父さんだったの?と知ったという方も多いかもしれませんね。

もともとはカットモデルなんかをされていましたが、その後本格的にモデルデビューをされて東京ガールズコレクションにも出演されています。

タレントとしても活躍されていて、バラエティ番組にも頻繁に出演していますね。

長男は秋元剛さんという方で、元モデル。

現在は「アディッション アデライデ」というセレクトショップのディレクターをされています。

<闘病中の激やせが秋元梢さんのSNSによって判明>

秋元梢さんのツイッターによって、アップされた写真がこちら。

九重親方 家族写真

がんの手術後、13キロも落ちてしまったという九重親方。

メディアに出ることもなくなり、激やせが心配されていただけに、この写真は注目が集まったようです。

この写真を見る限りでは、とても顔色も良く、体調もよく見えますね。

激やせというまではいかないような気もします。

がんは、とても怖いですね・・・。

圧倒的な強さで人気を誇った九重親方、大関千代大海などの育成にも尽力してきました。

相撲界にとって、とても大きな存在だった九重親方。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)