信頼される人の特徴はこれだけ!5つの特徴。

信頼される人の特徴はこれだけ!5つの特徴。

皆さんは、子供の頃、誰か心から信頼していた人はいますか?

先生や親、または一般の人で知り合いなどという人もいたかもしれませんね。

人それぞれ違うかと思いますが、誰か思い当たる心から信頼できる大人が1人はいたのではないでしょうか。

そして今、自分が大人になった時、子供から、人から、信頼されるような大人になっているでしょうか??

人から信頼されるというのは、何か特別なすごいことをする、というわけではありませんよね。

普段からの行いで、身近な人から尊敬されることが一番大切だと、私は考えます。

今回は、そんな、身近な人から信頼される人の共通点を5つ、挙げてみました。

【スポンサードリンク】

<人から信頼される人物 5つの共通点>

①他人の良いところを素直に見つけることができる
②打算で人付き合いを選ばず人を大切にする
③あらゆることに努力を惜しまない
④人の悪口や陰口を言わない
⑤自分の感情をきちんとコントロールできる

私が考える人から信頼される人の特徴は、この5つだけだと思っています。

とても簡単なことで、言われれば「当たり前」と思う方も多いかもしれませんが、これをきちんと実行するのはなかなか至難の技だと思いませんか?

人として当たり前の、ごくシンプルなことが、実は一番難しいのかもしれません。

【スポンサードリンク】

<5つの特徴の詳しい内容>

①他人の良いところを素直に見つけることができる

人間は誰でも、絶対に良いところは1つはあるはず。

一見、欠点だと思われることでも、見方によってはそれが長所に変わることだってあり得ます。

誰でも、人から褒められる要素を持っていると言えます。

例えば学校でも、成績の良い生徒を高く評価するのは簡単です。

でも反対に、ごく平均的な生徒を褒める理由を見つけだすのは、ベテラン教師でも難しいのではないでしょうか。

しかし、褒めることが得意な教師は、シンプルな褒め言葉が「平均的な生徒を平均以上の生徒に変えることが可能」と知っています。

そして褒められた生徒は、自分でも気づかなかった自分の長所に気づき、それを伸ばす努力をするのです。その教師に感謝し、その気持ちは信頼に変わることでしょう。

そういう教師は、その生徒のその長所を伸ばすため、さりげなく手助けまでしてくれると思います。

今は教師に例えましたが、これは会社の上司や、親にも言えることだと思います。

②打算で人付き合いを選ばず人を大切にする

打算抜きで、全ての人に対して、全ての人を大切にした人は、周りの人から信頼されやすいと思います。当然といえば当然のことです。

なぜなら、普段から損得関係なく全ての人を大切にしているその人の姿を見ている周りの人達は「きっとあの人は、私のことも計算抜きで大切にしてくれる」と感じるからです。

いざとなったら一番大切なのは人間関係であるということを知っている人は、周りの人々を大切にし、立場や年齢によって差別もしません。

そのため、周りの人を大切にしますし、当然、立場や年齢によって差別したりすることしないでしょう。

あらゆる立場の人に礼を尽くして対応する、これはなかなか出来るようで出来ないことのような気がします。

人間関係は長い期間をかけて築きあげるものなので、信頼されたいがためにそのような態度を一時的にとっても、相手にはすぐに分かってしまいます。

普段から、どんな人も大事にするという態度が、信頼される人には共通しているのではないでしょうか。

③あらゆることに努力を惜しまない

何かに打ち込んでいる人は、とても輝いて見えますよね。

信頼されるためには、人から信頼されようとなんて思わずに、自分に正直に、自分の好きなことに一生懸命に打ち込む、これだけで信頼を得られるはず。

人は、自分の好きなことに夢中になりその目標に向かって努力をしている時、他人の顔色を伺うということはしません。

他人の心より自分の心に集中し、人の顔色を伺う余裕などなくなるのです。

努力を惜しまない、ということは、簡単そうでいてなかなか出来ることではありません。

そして努力をしている人は、自分に正直。

誰かから、どう思われたい、人から好かれたい、などということなど考えていません。

だけど、そういう人は、周りからいつの間にか勝手に信頼されているのです。

④人の悪口や陰口を言わない

これは、誰もが子供の頃から言われていることではないでしょうか。

「人の悪口は言ってはいけないよ」

子供の頃の方が、素直にこの教えを守っていた気がします。

大人になるにつれ、いろいろなしがらみや複雑な人間関係、または仕事関係のストレスなどで、鬱憤を晴らすために親しい友人などについつい人の悪口を言ってしまう・・・。

そんなことが増えた人も多いのでは。

悪口を言いたくなる時は、自分が精神的にもネガティブな状態になっているということです。

自分が充実している時、人の悪口を言いたくなる人は、あまりいないのではないでしょうか。

信頼される人というのは、そういうことがわかっているので、普段からそういうネガティブな状態に自分がならないようにコントロールしている人が多いです。

そして何よりも、悪口を言うのはみっともない!と思っているので、わざわざ自分の品格を下げるそういう行為は控える傾向にあります。

精神的に安定していて、大人、ということですね!

また、そういう人の特徴に、相手から悪口を言われた時も、うまくサラリとかわすことができることが挙げられます。

正義感を振りかざし、悪口を持ちかけてきた相手を攻撃するのではなく、さりげなく話題を変えたり受け流すことができる人が多いです。

要するに、人の悪口、陰口、噂話に、本当に興味がないのでしょう。

⑤自分の感情をきちんとコントロールできる

感情的にならない人、これも絶対条件な気がします。

大声を出して感情をむき出しにする人は、誰しも信頼できるものではありません。

良い大人が、例えばニュースで、電車のトラブルで運行がストップした時に、駅員さんに食ってかかっている大人を見たことがありますよね。

そういう時でも、信頼される人の特徴の一つとして、仕方がないことは仕方がないと割り切って、静かに待つことができる余裕の心を持っているということ。

人は誰でも、理不尽な目に合うことはあります。

感情をコントロールできない人は、自分が少しでも損をしたりすることが許せず、そういう時に腹を立ててしまい怒りを第三者にぶつけたりしますが、心に余裕がある人は、対処するべきことには対応し、無駄に感情的になったりしません。

キレる、なんて、もってのほか。

皆が同じ状況に置かれた中で、感情を爆発させている人が多い中、余裕でそういう態度を取ることができたら、きっとそれは他の人からの信頼を得られると思います。

<子供からも大人からも、信頼される人に!>

5つの特徴、とてもシンプルですよね。

そんなこと、当たり前じゃないか!と思った方も多いはず。

でも実際、やろうと思ってもできないことが殆どです。

この中の1つでもやろうと思った方は、わかりますよね!

信頼されたい、と意識するのではなく、人としてこの5つの特徴を意識して行動するだけで、自分のストレスなども消えていき、人として内面も本当の大人に近づく気がします。

人から信頼される人は、人生を楽しみ、自分のことを一生懸命やり、人間関係を大切にする、そういう人だと私は思います(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)