氷酢たまねぎの健康効果がすごい!作り方やレシピ

氷酢たまねぎの健康効果がすごい!作り方やレシピ

テレビ番組で、最強健康調味料として氷酢たまねぎが紹介されてました。

血管をものすごく若返らせ、高血圧・高血糖・メタボリックの解消など、数々のな健康効果が期待できるという氷酢たまねぎ。

さらに、腸内環境を改善するので、ダイエットにまで効果があるというから驚きです。

家で作ってストックしておけば、料理に加えたりして一日3粒摂るだけの手軽さも、続けやすくていいですね。

どの家庭にもある材料や器具ですぐできる氷酢たまねぎの作り方や食べ方などについてまとめました。

【スポンサードリンク】

<作り方>

氷酢たまねぎという名前でわかる通り、酢を使います。

酢には様々な種類がありますが、なかでもオススメなのがやっぱり黒酢。

黒酢にはビタミン・ミネラル・アミノ酸が通常の酢に比べて豊富で、クエン酸の効果で基礎代謝が上がるほか、味もまろやかになります。

使用する玉ねぎでオススメなのは新玉ねぎ。

新玉ねぎは通常の玉ねぎよりも断然水分量が多く、ミネラルが豊富でとても甘みが強いため、氷酢たまねぎに使うと、味わいが豊かになります。

材料

・大きめのたまねぎ × 2
・酢 150ml
・ハチミツ 100ml
※ハチミツの糖分が気になる方は、使わなくてもいいと思います。ハチミツを入れるのは、氷酢たまねぎをそのまま食べるときに食べやすい役割が大きいと思うので。

作り方

たまねぎの皮を剥き、4等分くらいに。

ミキサーに玉ねぎ・酢・はちみつを入れてピューレ状にする。

製氷皿に入れて冷凍庫で一晩凍らせる。

これで完成!
冷凍庫に入れておけば、2カ月保存が可能です。
凍らせず、そのまま冷蔵庫に入れた場合は1週間で食べ切りましょう。

【スポンサードリンク】

<氷酢たまねぎの効果と食べ方>

酢には、中性脂肪を減らし、血流を促進させ、代謝をアップさせる働きがあります。

そして、たまねぎには、血液をサラサラにする効果があります。

この2つの効果が合わさった氷酢たまねぎは、血圧、血糖値、中性脂肪を下げてくれ、血管を若返らせてくれるんです。

さらに腸内環境も改善してくれて便秘解消にもつながり、ダイエット効果もあります。

酢とたまねぎの相乗効果が期待でき、生活習慣病である糖尿病の改善も期待できます。

まさにスーパーフードですね!

氷酢たまねぎ、ほとんどの方が初めて食べると思います。

どんな食べ方があるのでしょうか。

オススメの食べ方

・氷酢たまねぎ+味噌汁
・氷酢たまねぎ+カレーライス
・氷酢たまねぎに豚肉を漬け、生姜焼きに
・氷酢たまねぎ+カップ麺
・氷酢たまねぎ+冷奴(しょう油+刻みネギ)
・氷酢たまねぎ+アクアパッツァ
・氷酢たまねぎ+炊き込みご飯
・氷酢たまねぎ+野菜ジュース
・氷酢たまねぎ+フルーツ → ミキサーでスムージーに
・氷酢たまねぎ+筑前煮

他にも、氷酢たまねぎをソースやポン酢、しょう油、マヨネーズ、ケチャップなどと混ぜることで、さらに深みのある味のソースが完成します。

玉ねぎのみじん切りを使う料理、例えばハンバーグやパスタソースなどに、みじん切りの代わりに氷酢たまねぎを代用するのもすごくオススメ。

どんなものとも比較的相性が良い氷酢たまねぎですが、もっとも健康効果を高く得るためには、加熱しないで、生の冷たい状態で食べるのがオススメです!!

いかがでしたか。

作り方も簡単で、ストックも長期間できるこの氷酢たまねぎ。

目安としては、1日3、4粒とれば効果抜群だそうです。

ぜひ、試してみてくださいね(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)