みそまるの作り方と応用レシピ

みそまるの作り方と応用レシピ

以前、テレビで紹介された「みそまる」。

「みそまる」とは、味噌を丸めて作った、”手作り即席お味噌汁のもと”のことです。

「みそまる」という名前は、戦国時代の武将たちが携帯保存食として活用していた「みそ玉」というものを、現代風にかわいくおしゃれにアレンジし、それを「みそまる=味噌を丸めたもの」とネーミングしたようです。

時間があるときにまとめて作っておけば、冷蔵庫・冷凍庫で保存ができます。

持ち歩きにもとっても便利なので、公園でのピクニックやオフィスのお昼のお弁当のときにも、お湯を注ぐだけで、家と同じようなお味噌汁を飲むことができるんです。

インスタントのみそ汁より、栄養価もよく経済的なみそまる。

今日はそんなみそまるの基本的な作り方と、応用レシピなどをご紹介します。

【スポンサードリンク】

<みそまるの作り方>

▷材料(10個分)

みそ…90gくらい(お好みで調整)
だし(粉かつお、または市販の顆粒だしの素)…10g
お好みの具材(カットわかめ(乾燥)、ねぎ、焼き麩、切り干し大根など)好きなだけ

具材は、乾燥したものがオススメです!

味噌と出汁をよく混ぜて、具材を混ぜ、丸くする
※味噌によって硬さは様々ですが、柔らかめの味噌を丸めるときは固めの味噌を混ぜたり乾燥具材を多くするなど調整してください

丸めたものをラップで巻く

以上!(笑)

ピクニックに持って行ってみんなに配ったりするときは、ラップをマスキングテープで止めたり、青葱を散らしたり、ひと工夫するだけでとってもおしゃれでラブリーに!

保存期間は冷蔵で1週間。冷凍の場合は一ヶ月になります。

【スポンサードリンク】

<みそまる 応用レシピ>

まずは、基本のみそまるに、以下のものを混ぜることから始めてみては。

干しエビ・青のり・おぼろ昆布・もみ海苔・桜の塩漬け・アーモンドスライス

プラスして混ぜるだけなので、簡単にできます。

そのほかのオススメレシピはこちら。

「ツナマヨみそまる」

▷材料(10個分)
米味噌(淡) 170g
顆粒だし(化学調味料・塩分無添加) 5g
ツナ 25g
ほうれんそう(乾燥) 10g
マヨネーズ 小さじ

マヨネーズと聞いて、少し意外かもしれませんが、これが意外といけます!
お子様受けが良さそうですね。

「中華風みそまる」

▷材料(10個分)
みそ180g
だし(鰹、いりこ、昆布等の粉) 大さじ2~3
又は、顆粒だし小さじ1~2
桜えび(乾燥)4g
ねぎ(乾燥)2g
板麩8g
ごま油 小さじ1
アーモンドダイス(炒る)30g

こちらは中華風。

餃子やチャーハンなどと合わせてどうぞ!

「イタリアン風みそまる」

▷材料(10個分)
みそ180g
だし(鰹、いりこ、昆布等の粉) 大さじ2~3
又は、顆粒だし小さじ1~2
トマト(乾燥)15g
チーズ40g
ポルチーニorまいたけ(乾燥)4g
ほうれんそう(乾燥)4g
オリーブオイル 小さじ1
クルトン(トッピング※お好み)20~30粒

こちらはなんとイタリアン!

スパゲティーやピザに合わせて、ミネストローネなどのスープの代わりにどうですか?

いかがでしたか?

即席味噌汁は売っていますが、自分で安価に好みの即席味噌汁を作れたら、とても楽しいですよね。

ぜひ、試してみてくださいね(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)