酢しょうがの効果がすごい!美容と健康の強い味方

酢しょうがの効果がすごい!美容と健康の強い味方

しょうがは、体を温めてくれる効果がありますよね。

冬に、ジンジャーティーなどを飲むと、体の芯からポカポカします。

そして、お酢も、何となく”健康!!”というイメージはありますよね。

最近はやっている「酢しょうが」は、そんなしょうがとお酢がタッグを組んだものだから、なんだか健康にものすごく良さそうな感じがしますよね。

だけど、そんな酢しょうがの効果は、なんとなくよさそう、で済ますにはもったいないほどの嬉しい効果がいっぱいです。

今回はそんな酢しょうがの効果と、作り方、そしてどういう風に酢しょうがを食べたらいいのか、などについてご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

<まずは酢しょうがの作り方!>

ダイエットや健康食品として流行している酢しょうがは、一般的な料理のしょうがの甘酢漬けとはちょっと違います。

酢しょうがの名前の通り、材料はたったの2つ。

●お酢→なんでもいいです。黒酢、リンゴ酢、ブルーベリー酢・・・。
●ショウガ

これのみ!!

作り方は、

ショウガをよく洗う

よく拭く、時間に余裕があれば自然乾燥させ、皮はつけたまま薄くスライス
食べ方や好みによって、みじん切りや千切りでも大丈夫です!
ちなみに私は歯ごたえを楽しみたいので、粗いみじん切りが好きです

密閉容器に切ったしょうがを入れ、しょうががひたひたになるまで酢を入れる

ふたをして一晩おく

完成!

1週間程度保存が可能です。
一晩漬ければもう食べられますが、辛みが苦手な方は2〜3日漬けると、辛味が薄れてまろやかになります。

【スポンサードリンク】

<こんなにすごい!酢しょうがの嬉しい健康効果>

①ダイエット効果

ショウガオールというしょうがの辛味成分は、体を温めます。
温まることで、しょうがを食べたあと約3時間、エネルギーの消費量が高くなるんです。
さらに、生のショウガに含まれるジンゲロールには、脂肪の蓄積を抑える作用があり、内臓脂肪と皮下脂肪の量を減らして体重増加を抑える効果が期待できます!
そして、お酢にも内臓脂肪を減らす効果があるので、ダブルでダイエット効果があるんです。

②免疫力UP

しょうがにもお酢にも、殺菌作用があり、白血球を刺激する作用があります。
そのため、体内の免疫力を高める効果が期待できます。
免疫力が高まると、体が自らの力で体内に入ってきた病原菌やウィルスを排除したり、侵入自体を防ぐ効果があるので、風邪やインフルエンザを防止してくれます。

③体が温まる

酢しょうがを実際に食べるとまずすぐに実感できることが、体が温まること。
とても血行が良くなるので、冷え性の方は、手足が冷えて眠れない、夏は冷房で冷え過ぎてしまった、なんていうときに効果的。
特に、冬の寒い日には、お風呂に入ったあとにように「体がポカポカする」と実感できるのではないでしょうか。

④アンチエイジング効果

お酢の血液をサラサラにする効果と、しょうがの基礎代謝を上げる効果で、高血圧の人は正常な血圧に戻ってきます。
血管の負担が減り、無駄な圧がなくなるので、血管が元気に!
血管の若返りは全身のアンチエイジング効果につながります。

<酢しょうがの食べ方>

1日に、大さじ2杯程度を目安に食べてください。

いくら健康に良いと言っても、食べすぎると、酸がきついので胃に負担がかかってしまったり、酸によって歯が溶け虫歯のようになる(蝕酸歯)恐れもあります。

酢しょうがを使ったレシピは、ネットでも多数紹介されている他、本まで発売されているほどなので、自分にあったレシピを見つけるのは簡単だと思います。

ただ、いちいち酢しょうがのために料理を作るのが面倒、という方のために、ここでは、ただ酢しょうがを乗っけたり、混ぜたりするだけで美味しくなるものをご紹介。

・味噌汁
・豚のしょうが焼き
・アジの南蛮漬け
・あつあつのご飯
・麺類なら、なんでも
・スープ系
・ハンバーグ
・炊き込みご飯
・ジンジャーチーズケーキ
・酢を使った料理
・しょうがを使った料理

酢を使った料理、しょうがを使った料理、に関しては、酢やしょうがを使う代わりに酢しょうがで代用してみてくださいね。

いかがでしたか。

しょうがを酢につけて一晩おくだけで簡単にできる酢しょうが。

作り方は簡単ですが、その効果は無限大です!

ぜひ、今日作って明日から試してみてくださいね(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)