ホットヨーグルトは朝飲む方が効果あり!作り方は簡単。

ホットヨーグルトは朝飲む方が効果あり!作り方は簡単。

ヨーグルトを温めるだけで、様々な嬉しい効果が発揮出来るという、口コミで広がった「ホットヨーグルト」

ダイエットにはもちろんのこと、美容や健康にもいい、いいことづくしのホットヨーグルト。

作り方や、詳しい効果について説明します。

【スポンサードリンク】

<ホットヨーグルトダイエットって?>

ヨーグルトは健康に良いというのは誰もが知っていることです。

美味しいし体にも良いとされているヨーグルトは昔から美容には欠かせない食品でしたが、様々なレシピを見ても冷たくして食べるのが一番美味しい食べ方だと信じられてきました。

しかし、健康に良いと言われるヨーグルト、冷たくして食べることによって、それを食べ過ぎると内蔵を冷やしてしまい、胃腸の活動を低下させる、冷え性を悪化させる、脂肪を蓄えやすくなる、などの悪影響が有り、健康のためには必ずしも良いことばかりではありません。

ホットヨーグルトは、ヨーグルトをただ温めるだけで、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きを高める効果があり、より健康的にヨーグルトを食べる画期的な方法です。

<ホットヨーグルトを飲むことによる効果は?>

ホットヨーグルトの効果は、大きく分けて2つあります。

①ダイエット効果

ホットヨーグルトにはダイエット効果があるんです。

人の体は、カルシウムが欠乏すると、副甲状腺ホルモンが分泌され、体内に脂肪を蓄積しようとする働きがおきます。
そうすると、腸は脂肪を吸収しようとし、太りやすい体質になってしまいます。

その点、温かいヨーグルトはカルシウムの吸収率をアップさせて、腸内環境を整えてくれるので、痩せやすい体になるそうなんです。

おいしいだけじゃなく、ダイエットにも効果があるなんて、まさに一石二鳥!!

②美肌効果

ヨーグルトには、乳酸菌が入っています。
しかし、冷たいヨーグルトだと、腸が冷えて、せっかくの乳酸菌の活動が妨げられてしまいます。

それは、便秘の原因に。

便秘が続くと腸内の悪玉菌が増えインドールなどの有害物質を発生させます。有害物質は腸から吸収されて血液に溶け込み、ニキビ・吹き出物などの肌トラブルにつながっていきます。

ヨーグルトを温めることによって、乳酸菌の活動が活発になるため、便通が良くなり、老廃物も排出されやすくなり、肌がきれいになるんです。

【スポンサードリンク】

<ホットヨーグルトの作り方 朝と夜の効果の違い>

大前提として、ヨーグルトはプレーンのものを使用してください。

電子レンジ対応容器にヨーグルトを100ミリリットルと、はちみつをお好みの量を入れます。

その容器を、”ラップをせずに”600wで1分間温めます。

温まったら、なめらかになるまで、スプーンでかき混ぜたら出来上がりです。

簡単すぎですね(笑)

これなら、誰でも毎日続けられるはず。

また、ホットヨーグルトは、朝飲むとダイエット効果、夜飲むと便秘解消効果、と、飲む時間帯によって効果の現れ方が違うので、自分にあった飲み方をしてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか。

あたためたはちみつ入りヨーグルト、なんて、美味しいに決まってますし、美肌とダイエットに期待ができるなんて、やらない理由がありません!

ぜひ、試してみてくださいね(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)