タバコにはデメリットだけではなく(少し)メリットもあるのを知っていますか?

タバコにはデメリットだけではなく(少し)メリットもあるのを知っていますか?

昔は、男性といえば、タバコ。
家でも、職場でも、ぷかぷかと吸っているのが当たり前でした。

ところが、いつの間にか、タバコを吸う人口が激減!

理由は、タバコによる健康被害が研究により次々に証明されたこと、更に、タバコの煙による、吸わない人への健康被害も明らかになり、レストランや公共機関での禁煙や分煙が常識になったこと。

更に、タバコの劇的な値上がりも、タバコ離れに拍車をかけたようです。

だんだんと迫害(笑)されている、タバコ派の人々。

実際に健康に害があるとされていますが、害ばかりなのでしょうか?

今日はタバコについて、デメリットばかりではなく、メリットにも注目して調べてみました!

【スポンサードリンク】

<タバコのメリット>

(1)吸っている人にとっては、とてもおいしいもの

メリットと言えるかどうかといったら疑問ですが、おいしい、というのは長所なので、一応メリットの1つに加えました。

様々な銘柄もあり、自分好みのタバコが見つかった時の喜びはすごいんでしょうねー。

食後の後の一服は最高、と、よく喫煙者の方は言います。

そんな最高のひと時を感じられる、というのは、やはりメリットなのではないでしょうか。

(2)吸っている姿が絵になり、異性にモテる・・・??

女性にもよりますが、自分がタバコを吸わない為に、タバコを吸う男性を、吸っている姿が渋い、かっこいい、と思う女性もいるようです。

タバコを吸う姿・・・。確かに、タバコを加え、煙を吐き出すその仕草は、セクシー・・・と言えなくもないかもしれない。

ちなみに、私は、全くタバコを吸いませんが、煙をイヤと感じたことも、タバコの臭いがイヤだと感じたこともないです。

小さい頃、父親がヘビースモーカーだったからかもしれませんね!タバコには抵抗が全くないです。

ちなみに、父親は、健康の為に今はまったく吸っていません・・・。

女性の喫煙者に限って言いますと、女性がタバコを吸っていると、男性からかなりウケが悪いようです。

男女差別のような気がしますが、確かに、女性の喫煙姿って、なんでなのか品がなく見えてしまいます。ちょっと怖い人なのかな、とか。

(3)痩せる!!

誰もが聞いたことがあると思いますが、タバコを吸うと痩せるという説。
これは、タバコに含まれるニコチンという成分には、食欲を抑えてくれる作用があるんです。

脳の神経細胞に働きかけ、食欲を抑制する信号を出すそうです。

体の為に禁煙した人が、みるみる太っていった、ということがよくあります。

食欲が出て、たくさん食べてしまうからなんですね。

気をつけたい点として、これは食べなくなって痩せるわけですから、「不健康に痩せる」という点。

スポーツや食事に気をつけて痩せるのとは違う痩せ方ですね。

ただただ体重を落としたい、という方にはお勧めします。

(4)リラックス効果

タバコに含まれるニコチンという成分には、怒りや鬱といった感情を沈める鎮静効果があるそうです。

とくに、怒りを鎮める沈静効果が示されていて、イライラするとタバコを吸いたくなる、という喫煙者の方が多いのはその為でしょう。

しかし!

最近の研究で、この説は、間違っていた、と指摘されるようになってきました。

どの辺りが間違っていたのか。

根本的な問題でした。タバコを吸うようになると、気持ちが常に怒りっぽい状態になるのだとか。

そして、そんな怒りっぽい状態でタバコが吸えない状況だと、タバコを吸いたくてイライラし始めます。

その状態でニコチンを摂取すると、ふう、と気持ちが落ち着き、リラックスできるため、怒りを鎮める効果があるというわけなのです。

そうなってくると、これは、メリットではないような気もしないでもないですね・・・。

(5)やる気満々に

ニコチンには、アドレナリンの分泌を促す働きがあります。

しかも、その即効性はかなり強く、いますぐにやる気を出したい、なんていうときにはタバコが一番手っ取り早いです。

また覚醒作用があるので、眠くてぼーっとしていて仕事にならない、というときにもいいかもしれませんね。

(6)アルツハイマー予防に?!

ニコチンには、他にもアルツハイマー病やパーキンソン病といった脳の疾患を予防する効果が指摘されています。

特にアルツハイマー病の罹患者が、喫煙者には少ないという研究報告が多数あります。

その理由は、ニコチンが「アセチルコリン」という神経伝達物質の受容体にくっつくことです。

アルツハイマー病の患者では、脳内のアセチルコリンが少ない傾向がみられるため、治療でもアセチルコリンを増やす薬が使われています。

しかしニコチンはアセチルコリンに似た構造を持つため、その受容体にくっつき、同じような働きをするものと考えられるのです。

【スポンサードリンク】

<まとめ>

タバコによるメリットを、なんとか絞り出してまとめてみましたが・・・。

読んでもわかる通り、タバコじゃなくちゃダメ!という絶大な効果はありません。

ちなみに、デメリットを挙げてみると・・・

・まず健康に悪い

・タバコの臭いが体につき、体臭もきつくなる

・歯がヤニによって茶色く汚くなる

・お金がかかる

・味覚が鈍る

・部屋がヤニで汚れる

・老化を促進させる、特に肌の老化は一目瞭然

・・・いかがでしたでしょうか。

どう考えても、デメリットの方が多くなってしまいますね(笑)

タバコは、自己責任で、楽しみましょう。体のことを第一に考えて、吸いすぎにはくれぐれも要注意です!!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)