してはいけないダイエット法9選

してはいけないダイエット法9選

長い冬が終わり、着込んでいた洋服を脱いで、薄着になった途端に・・・
あれ??と、毎年思う方も多いはず。

去年着ていた服の筈なのに、なんだかムチムチ感がすごい。
あれ、この洋服ってこんなデザインだったっけ・・・?え、私、太った!?

そうして慌てる方が増えるので、この時期はダイエットの話題が多くなりますね。

ダイエットは、いろんな方法があります。だからみなさん、きっと迷ってしまうのではないでしょうか。

ただ、短期間で効果を出したいがために、過激で極端なダイエットに走りがちなのもこの時期。

そこで今回は、オススメしたくないダイエットランキングを9位まで選んで、紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

1位 断食ダイエット

「断食に挑戦し、3日間何も食べないで過ごしたら5キロ痩せた!!」
それは脂肪が5キロ減っているわけではなく、体の水分が減っただけ。
体重が減っていたとしても、5キロのうちせいぜい1キロくらいのもの。
要するに、干からびているだけなのです!

2位 下剤ダイエット

若い女性に増えているダイエット法らしいですが、腸の機能が停止しかねないとても危険なダイエット方法です。
自力で排泄できなくなるだけでなく、腸がねじれてしまったり、肛門を絞めることが出来なくなってしまう可能性もあるそうです。そうなったら・・・地獄絵図ですよ!!

3位 吐くダイエット

食べた後、すぐに全部吐き出してしまうダイエット方法。昔、絶対に太れないモデルさんなどがよくやっていたと噂でした。
こうなってくると精神的に病んでいますね。
無理に吐くことで食道やリンパ腺が腫れてしまったり、歯が溶けたり、頬の内側が炎症を起こして顔だけ大きくなってしまうこともあるので絶対にやめましょう!

4位 チューイング

これもひとつの病気、摂食障害の1つと言っていいと思います。
口の中に食べ物を入れて噛むだけ、食べ物を味わったら飲み込まずに、ペッとガムを出すように捨ててしまうことをチューイングと言います。
癖になると、飲み込みたくても飲み込めなくなってしまうそうですよ!!

5位 利尿剤ダイエット

ダイエットを続けていると、今日の自分は昨日よりも絶対に体重が軽くなければいけない・・・。そんな追い詰められた気持ちになりますね。
利尿剤を使うと、体の中で一番多いとされている水分が出るわけですから、一時的にはもしかしたら体重だけは軽くなるかもしれません。
でも、身体から水分が出過ぎてしまうと、肌も髪も内臓もすべてボロボロになり、老婆のようになってしまいます。
もしむくみがダイエットの妨げになっていると感じる方がいるのであれば、フルーツや野菜を積極的に摂る方法の方がもっと効果的で健康的、さらに美容にもいいですよ!!

6位 寝たきりダイエット

もう、ここまでくると、現実逃避といってもいいような気もします(笑)
お腹がすくから食べてしまう、動くからお腹が空く、だったらベッドから動かなければご飯を食べずに済む・・・という理由で寝たきりになってダイエットをしているつもりの人もいる、らしいです(笑)。
わざわざ注意する気にもなりませんが、寝たきりになると筋肉は衰え、健康的な体型にはなれず、さらに代謝が悪くなり痩せにくくなるだけです。

7位 単品ダイエット

これ、流行りましたよね!!ある番組で紹介されたのがきっかけだったと思いますが・・・。
ゆでたまご、りんご、こんにゃく、バナナなどなど、それだけを食べるダイエット。
しかし、単品のみを食べるのは内臓に負担をかけてしまい病気になってしまう可能性があるようです。
効果のほどはまちまちですが、どう考えても栄養は足りなくなりますね。貧血になりやすくなり、体を壊して結果的に痩せた、というのはダイエットになるのかな・・・。

8位 炭水化物抜きダイエット

これも、未だに根強い支持を受けているダイエット方法ですね。
夜だけ白いご飯を食べないという程度ならいいのですが、炭水化物をまったくとらないとまでなると、脳に糖分が行き渡らず、頭がぼーっとして社会生活を送るにも支障をきたしてしまうそうですよ〜。
人として普通に生きていたかったら、このダイエットは辞めた方がいいです。
何事も、バランスですから・・・。

9位 脂質抜きダイエット

脂質、油は確かにカロリーが高いですよね。
ダイエット中、食べることを躊躇する気持ちもわかります。
でも、身体についた脂肪を落としてくれるのもやっぱりアブラなんです!
適度に脂質を取らないと、身体にこびりついた脂肪が落ちてくれません。
油であるメイクを落とすのも、オイルですよね??油には、油なんです!
さらに油を摂らないと、肌や髪もパサパサになってしまい、仮に痩せたとしてもキレイな痩せ方はできません。パサパサな女性・・・悲しい(笑)

【スポンサードリンク】

いかがでしたか。

焦るあまりに、変なダイエット、していませんか??

痩せるためには、暴飲暴食をやめ、食事はバランス良くほどほどに。
さらに、有酸素運動とまではなかなか忙しくてできなくても、日々の生活をテキパキと体を動かすだけで(例えば、オフィス内を歩くとき姿勢をよくして早足で歩く、家事もダラダラ動かずに、ぱっぱとテキパキ動くだけでも!)全然違うそうです!!

余分なお肉を落として、明るい気持ちで薄着しましょう!!(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)