毎日りんごを食べるといいこといっぱい!その効果とは?

毎日りんごを食べるといいこといっぱい!その効果とは?

秋から冬にかけて、スーパーでよく見かけるようになるりんご。

一応旬は秋冬ですが、最近ではどんな野菜や果物も、旬以外の季節でも一年中スーパーで買うことができますよね。

おいしいだけではなく、昔から「医者いらず」と言われているほど、りんごは健康に良いとされている果物。

少し前には、”りんごダイエット”といってりんごだけ食べるダイエット方法も流行ったほどです。

しかし、どんなに体に良くても、1つの食べ物しか食べないダイエット方や健康法は、バランスが悪いもの。

通常の食事を摂りつつ、りんごを毎日食べるだけで、人の体に、驚きの嬉しい効果があるんです。

今日は、その効果についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

<りんごを毎日食べ続ける、その効果とは>

(1)ダイエット効果

りんごは、果物の中でもカロリーも低く、食物繊維がとっても豊富。
なので、腸内環境が整うことによって便秘が解消し、体重を減らす効果があります。
ある調査では、何人かに12週間毎日大きなリんごを1個半食べ続ける実験をしたところ、体重が平均約11.3キロ落ちるという結果が!
オススメの食べ方は、食事の30分ほど前に食べること。
そうすることによって、食事の摂りすぎも予防できます。

(2)血糖値を下げる

りんごを毎日1個以上食べる人は、食べない人よりも、2型糖尿病の発症リスクを30%も減らすことができるという研究結果がでたそうです。
食物繊維がとても豊富なので、そのことで血糖値もコントロールできるんですね。
抗酸化物質も含んでいるので、糖の消化・吸収もゆっくりとおこなえるんです。

(3)がんのリスク低下

がん、なかでも、すい臓がんのリスクが、りんごを毎日1個以上食べる人のは食べない人より23%発症リスクが低いことがわかりました。

アメリカのがん学会の参加者たちは、りんごを毎日食べることを周囲に推奨しているのだとか。

特にりんごの皮には、乳がん・肝臓がん・すい臓がんの細胞をおさえる効能があり、更に詳しい研究が今も続いているそうです。

(4)胆石の予防・回復

胆石患者や胆石予備軍の患者さんに、アメリカの医師たちは「食物繊維が豊富なりんごを食べるように」と強く推奨しているそうです。

食物繊維でコレステロール値を低くするりんごは、胆石の予防・回復に役立つ果物とされているんです。

りんごをそのまま食べるのに飽きたら、りんご・グレープフルーツやレモン・塩・オリーブオイルを混ぜたジュースを作って飲んでも効果が期待できます。
美味しそうですし、毎日飲んでも飽きませんね!!

(5)ぜんそく発作予防

りんごは気道の炎症をおさえる効果があり、ビタミンCを多く含んでいるので免疫力アップにつながります。

イギリスのある機関の研究によると、週に3〜5個りんごを食べた人と食べない人とでは、喘息の発作の発症が30%も違ったという結果が出たそうです。

免疫力がアップするということは肺を働きを丈夫にすることにもなりますから、ぜんそくの症状にも効く、ということになりますね。

(6)骨を丈夫にする

りんごには、カルシウムが豊富に含まれているほか、骨密度をアップする抗酸化物質も含まれており、更には骨折をふせぐ “ホウ素” も含まれていて、骨に嬉しい成分が満載なんです。

更に、 骨そしょう症のリスクを低めてくれる “フロリジン”という成分も含んでいるので、高齢の方にもオススメしたい果物です。

(7)歯を白く!!

食後に、りんごを、よーくしっかりと噛んで食べてみてください。

それを数日続けると、歯が白くなってきたことが実感できると思います。
りんごの渋みと成分は、歯を清潔に白く保つ働きがあるんです。

でも、りんごにも糖分はありますから、りんごを食べた後しっかりと歯を磨くことも忘れずに!

(8)デトックス

りんごに含まれる “ペクチン”という成分は、体から余分な毒素、コレステロールや金属類を排出してくれる効果があります。
その効果は、2日間食べただけでも効果が現れるらしいですよ。
肝臓をデトックスし、消化能力も良くなるそうです!!

【スポンサードリンク】

<まとめ>

いかがでしたか?

りんごには皮にも、栄養がたくさんあり、できれば丸ごといただきたいところです。
さらに、温めるとより一層効果が期待できるのだとか。

りんごを皮ごと適当な大きさに切り、レンジで2〜3分温め、シナモンやはちみつをかけて食べてもいいかもしれませんね。

もちろん、そのままでもOK!

おいしく健康になりましょう(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)