疲労回復に効く食べ物って?コンビニでも手に入るお手軽料理も!

疲労回復に効く食べ物って?コンビニでも手に入るお手軽料理も!

毎日、しっかり睡眠をとっているはずなのに、翌朝どうもすっきりしない。

週末、のんびり過ごしたはずなのに、どうして月曜日からこんなに疲れているのか。

慢性疲労といっていい症状かもしれないこの状態、一度はみなさん経験したことがあるのではないでしょうか。

ゆっくりお風呂に入る、マッサージに行って体をほぐす、などなど、いろいろな方法はあるかと思いますが、そもそも疲労が溜まっているということは、毎日が忙しいということ。

疲労回復に時間はかけられない方が多いはず。

そんな時、近所のコンビニで、疲労回復に効果的な食事を買えるとしたら、とても助かりますよね!!

今日は、コンビニでも買える、疲労回復に効果的な食材をご紹介します。

【スポンサードリンク】

<疲労回復に効くと言われる、一般的な食材は?>

①疲労回復といえば、まず「豚肉」

豚肉には、疲れに効くと言われるビタミンB1が、牛肉の10倍もの量が含まれているんです。

しかし、豚肉だけをとればいいという訳ではありません。
豚肉は、バランス良く摂ることがとても大事。

間違った取り方をしてしまうと、体内の疲労物質を逆に増やしてしまうこともあるのだとか。

一番のおすすめは、クエン酸と一緒に摂ること。
どちらも疲労回復に効果があると言われるもので、高い相乗効果が期待出来ます。

・とんかつ&レモン
・梅肉&豚肉
・酢豚
・豚肉料理&酢の物
・豚肉料理&梅干しご飯
・豚肉のトマトソース煮込み

などなど、そんなに難しくない工夫で、簡単に相乗効果が期待できます。

②活性酸素と疲労物質を消滅させる「トマト」

トマトもかなり効果的です。
あまり知られていませんが、実はクエン酸も多く含まれているんです。

トマトに多く含まれているリコピンは、細胞を老化させてしまうにっくき活性酸素を除去してくれる働きがあるんです!

活性酸素は、どう気をつけてもほぼ毎日のように作られてしまいます。
肉体疲労だけでなく、精神的ストレスでもこの活性酸素は作られてしまうので、現代人には避けられないことなのかもしれません・・・。

トマトは、疲労回復・老化防止・美容など、女性に嬉しい効果がいっぱい。

毎日トマトを食べるのはちょっと面倒、という方でも、トマトジュースなら毎日飲めるのでは??

③「たまねぎ」は、精神的疲労に効果的

仕事帰りや、育児や家事に追われて1日が終わった時、はぁ、ぐったり、ということは毎日のようにあるはず。

そのぐったり感、肉体的な疲労だけではなく、時には精神的な疲労が大きく原因しているなんていう場合も。

そんな時、その精神的な疲労の回復に効果を発揮してくれるのが、たまねぎに含まれる辛味成分「硫化アリル」なんです。

酸化アリルは、血液がサラサラになったり、コレステロールを下げることで有名です。

それだけではなく、実はこの硫化アリルが、精神疲労にとても効果的で、「気持ちを穏やかにしてくれる」そうなんです。

しかし、たまねぎを食べる時にみなさんがよくする、辛味を取るために水にさらしたり、熱を通したりすると、この効果はなくなってしまうのだとか。

なので、精神疲労回復のためにたまねぎを食べる時は、生のもまま酢の物にしたり、スライスしたものをサラダに入れたりする食べ方がいいでしょう。

少しだけ、いつもより辛いと感じるかもしれませんが、美味しくたべれると思います。

【スポンサードリンク】

<コンビニで簡単に手に入る、疲労回復に効く食べ物>

①梅干しおにぎり

クエン酸といえば、梅干し!

コンビニおにぎりは、今はとっても種類が豊富で、美味しいものがたくさん出ていますよね。

しかし、ここは初心に戻ってぜひ梅干しおにぎりを!

②レバニラ

ちょっと癖があるから好き嫌いはあると思いますが、レバニラって実は万能なおかずなんです。

疲労回復だけではなく、疲れてる人の症状としてとても多い肩コリや冷え症にも効果を発揮します。

③サラダ

サラダもやはり、コンビニにはたくさん種類がありますよね。

でも、疲労回復でいうなら、「オニオンサラダ」「チキンサラダ」をおすすめします。

たまねぎの効果は、上で述べた通り。

次におすすめなのが「チキンサラダ」です。

実は昨今“イミダペプチド”という成分が話題になっています。

これは疲労回復効果に対して驚きの効果が期待できる成分として、
研究が多くなされているんです。

鶏の胸肉に多い“イミダペプチド”は、疲労回復と、体と脳(自律神経)にも効くと共に、認知症予防効果もあるかもしれないと言われています。

体のだるさを取る効果が期待できるそうです。

④柑橘系ドリンク

コンビニといえば、お茶やウーロン茶、またはコーヒーや紅茶を購入する人がほとんどですが、疲労を回復したい時は柑橘系ドリンクに手を伸ばしてみてください。

例えば、レモン系のドリンク「キリートレモン」や「C1000」「ポンジュース」などがあります。

柑橘系ドリンクを効果的に摂取する上で注意したいことが、一気飲みをしないこと。

一気飲みだと、体に浸透する前にすぐに排出されてしまうのだそうです。

美味しいのでごくごくっと行きたい気持ちはわかりますが、喉が渇いた時は水などで潤し、柑橘警ドリンクはゆっくり味わいながら飲みましょう。

⑤納豆

原料の大豆には、頭と体の疲れを取ってくれるレシチンがたくさん含まれています。また、豚肉と同じくビタミンB1が含まれているので、疲労回復にもってこいの食品です。

⑥チョコ

チョコレートを食べると疲れがやわらぐ気がするのは、チョコに含まれるブドウ糖が脳のエネルギーになるからです。ただし、ブドウ糖は体に溜めておくことができないので、少しずつ、こまめに食べましょう。

⑦ヨーグルト

デザートを選ぶなら、プリンよりもヨーグルトを選びましょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内環境を整える効果があり、免疫力の強化や有害物質を体の外に排出する作用があると言われます。

いかがでしたでしょうか。

食べ物を選ぶ時、少し気をつけるだけで疲労回復を実感できるかもしれません。

どうせコンビニを利用するなら、少し意識して上に述べたような食材を選んでみてはいかがでしょうか(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)