眠れない夜の過ごし方 眠るための5つの方法

眠れない夜の過ごし方 眠るための5つの方法

明日は早起きしなければいけない、明日はとても大事な予定がある、明日は彼との初めてのデート・・・などなど、今晩早く寝なくてはいけないことは分かってはいるのに、眠らなきゃいけないと思えば思うほど目が冴えてしまう。

そんなこと、ありますよね。

そういう時は焦っても絶対眠れません。

そこで、今日は、眠れない時にどう過ごせばいいか、アンケートをもとに5つの方法をあげてみました。

【スポンサードリンク】

<読書>

読書といっても、あなたが大好きな作家や刺激的な漫画など、そういうものはもちろん避けてください。

特に漫画は、連載物に手を出してしまうと、全巻制覇して気づいたら朝・・・なんていう悲劇が起こりがち。

こういう時に読む本は

・つまらない本
・小難しい本
・普段読まないような、例えば家族の誰かの趣味の本
・1度読んだことのある本の読み返し

がオススメ。

エッセイなんかもいいかもしれませんね。

のんびりした旅エッセイなどは、楽しみつつウトウトできるかもしれません。

<インターネット>

これはアンケートで上位にあったので、一応載せましたが・・・

私個人的には、あまりオススメではありません。

今は携帯でもネットができますよね。

携帯のライトは、人間の脳を覚醒させる効果があるという説もあり、またインターネットはやはり刺激的です。

ベッドに入り、横になりながらできるという意味では、いいのかもしれません。

確かに、かなり目は疲れそうなので、自然と目が閉じることもあるかもしれませんが、翌朝目の下にクマが・・・なんてこともありそうです。

できれば避けてほしい方法です。

<部屋を暗くする>

明るいよりは、やはり暗いほうが落ち着くし眠気を誘いますよね。

ただ、本当の真っ暗になってしまうと、脳がパニックを起こしてしまらしいです。

一番ベストなのが、薄明かり。

周りのものがぼんやり見えるくらいの明るさが、眠るには最適な明るさらしいです。

また、薄暗い中目を閉じて横になっているだけで、頭は起きていても体は休んでいることにはなりますよね。

読書をしたり、ネットをしたりしたくない人は、薄暗い中でゆっくりのんびりした気持ちで横たわっていれば、自然に眠気が襲ってくるかもしれません。

人間は退屈だと眠くなります。

横たわってるだけなんて、これ以上はない退屈ですよね。

アイマスクも効果的です。

<音楽を聴く>

大体の人は、この方法で解決するみたいです。

リラクゼーション系の、静かな音楽を聞いてみてください。

クラシックに興味がない人も、逆にクラシックを聞いてみては。

静かな音楽には、安眠効果があります。

心もリラックスできるので、ぜひ試してみてくださいね。

<温かいものを飲む>

とにかく、体が冷えていたら絶対に眠れません。

温かい飲み物、とくにホットミルクには精神の鎮静作用があるとわかっています。

ホットミルクに少し蜂蜜を垂らして飲めば、体も気持ちもリラックスできるに違いありません。

カフェイン入りの飲み物は、もちろんNGです。

ただし、お昼寝の前のカフェイン入りはオススメ!

短時間のお昼寝は、眠る前に温かいカフェイン入りの飲み物を飲むことで、寝起きがすっきり起きられます。

夜は、ホットミルクやココア、ノンカフェインの温かいお茶を選んでください。

【スポンサードリンク】

<まとめ>

いかがでしたか?

眠れない夜は、続くと辛いものですよね。

眠れないことがクセになる前に、自分にとって一番良い対処法を知っておくのもいいかもしれません。

眠ろう眠ろうと焦らないで、こうやったら眠くなるかな?じゃあ、これなら?と、余裕を持った気持ちで眠れないことを楽しむのもアリかもしれません。

本当に大切な日が来る前に、探してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)