ナッツの効果は女性の味方

ナッツの効果は女性の味方

少し前まで、ナッツといえば、お酒のおつまみ、そして高カロリー、食べ過ぎるとニキビができる、などなど、おいしいけれど太る、というイメージがありました。

でもそれは、大きな間違い!

高カロリー=太る、という考えは、今は違うという事がわかってきました。

今では、スーパーモデルなど、ストイックに体型を維持している女性が積極的に、おやつにナッツを取り入れているようです。

実はナッツには女性に嬉しい、美容に効果のある成分がたっぷり含まれているのです。

そんなナッツの美容効果と正しい食べ方について、今回はご紹介します。

【スポンサードリンク】

<ナッツの驚くべき栄養価>

上でも述べましたが、栄養価が高いからといってカロリーが高い、太りやすい、というのは違います。

ナッツには、小さい粒の中にぎゅーっとたくさんの栄養が詰まっています。

でもそんな小さな粒の中にはたくさんの栄養がギュっと詰まっているんです。

ナッツにはいっぱい種類があって、紹介しきれないので、今回は、スーパーで比較的手に入れやすい4種類のナッツ、

アーモンド
くるみ
カシューナッツ
ピスタチオ

に絞ってご紹介していきます。

その前に、ナッツ全般に言える事をまずご紹介。

①髪の毛を美しく保つ成分が豊富

髪の毛にいいといえば、ミネラルですね。

ミネラルは、海藻類というイメージですが、実はナッツにもミネラル類が豊富に含まれているんです。

ミネラルは髪に栄養を行き渡らせ発毛を促進する効果があるため、薄毛や抜け毛が気になる…なんて時にもってこいなのです。

②ダイエットの味方

なんども言いますが、ナッツは高カロリー。だからといってダイエットに不向きというのは話が別なんです。

同じ脂肪分でも、ナッツの脂肪分は「不飽和脂肪酸」といって、魚などの油と同じで血液をサラサラにする、体に非常に良いものなんです。

さらに、ナッツは食物繊維とたんぱく質を多く含んでいるので、食べることで満腹感が得られ、ダイエットには最適な食材といえます。

小腹が空いた時に、お菓子をつまむのではなく、ナッツをつまめば、固さのあるナッツは咀嚼することでも満腹感を感じることが出来ます。

固さにより自然と噛む回数も増え、満腹感を感じるのです。

③ダイエットのためにナッツを選ぶ時の注意点

一番の注意点は、まず必ず素焼きのものを選ぶようにすること。

せっかくのナッツも、味付きのものにしてしまうと、余分な塩分や糖分も一緒に摂取してしまうことになってしまいます。

ナッツの中でもアーモンドは糖質が特に少なく、さらに食欲を抑えるビタミンB2が含まれているため、強力なダイエットの味方となってくれるでしょう。

最近では、素焼きナッツはスーパーはもちろん、コンビニでも買うことが出来るので、ぜひ意識して買ってみてください。

以下では、ナッツの種類別の効果についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

<特に美容に効果があるアーモンド>

様々な種類のナッツの中で、”美容”という着眼点から注目したいのはアーモンド。

アーモンドには、他のナッツに比べ、細胞の老化防止に効果のある「ビタミンE」、角質を柔らかくし、小じわを改善することで知られる「オレイン酸」が含まれているため、美肌に嬉しい成分がいっぱいなのです。

アンチエイジングにとても効果的だと言われています。

さらに、アーモンドに含まれる食物繊維の量は非常に多く、なんとれたるやゴボウよりも遥かに多いのだとか!!

この食物繊維は、「不溶性食物繊維」といって、腸内環境を整え、有害物質を体の外へと排泄してくれるデトックス効果があり、それによって便秘が解消され、肌荒れも自然と改善されます。

今ではアーモンドミルクを飲むという選択もありますね!

牛乳より低カロリーで注目されています。毎日摂取するには、少し値段が張るのがネックですが・・・。

アーモンドは一日20粒を目安に食べれば良いとされています。

おやつとしてだけではなく、サラダやスープにトッピングしたり、シリアルに混ぜでヨーグルトと食べるなど、その用途は様々です。

大切なのは、こまめに、継続的に摂取するということです。

<健康面に効果抜群なのはくるみ>

最近注目されている、生活習慣病予防になる成分「オメガ3脂肪酸」が、他のナッツに比べて格段に多く含まれています。

この「オメガ3脂肪酸」は、人間の体内では作ることが出来ない必須脂肪酸で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという、とても嬉しい働きをしてくれるんです。

青魚や緑黄色野菜などでも摂取することが出来ますが、くるみを摂取することで同様の効果を得ることが出来ます。

何よりくるみは調理もいりませんし、手軽に食べれることが良いですよね。

他にも、慢性疾患予防の「ポリフェノール」、睡眠を促す「メラトニン」も多く含まれています。

癌などを予防する成分、ポリフェノールの含有量については、くるみはブラックベリーに次ぐ2位だそうです。

摂取量の目安は一日に一つかみ(28g)ほどとされています。

<食べやすさと手軽さが魅力、カシューナッツには栄養たっぷり>

カシューナッツは他のナッツと比べて少し糖質が多いため、ダイエットには不向きかもしれませんが、栄養補給にはもってこいです。

骨粗鬆症や貧血予防の「ミネラル」、疲労回復効果の「ビタミンB1」を豊富に含んでいるので、疲れている人や、女性に多い貧血気味の方には、とってもいいです。

好ましい摂取量は一日20粒を目安にすると良いと思います。

<ナッツの「女王」、ピスタチオ>

とても栄養価が高いことから、ナッツの女王と言われるピスタチオ。

高血圧、むくみ改善の「カリウム」、PMS(月経前症候群)や肌荒れ対策に効果的な「ビタミンB6」、眼病予防に効く「ルテイン」「ゼアキサンチン」が非常に多く含まれていて、体の様々な機能の手助けをしてくれます。

ピスタチオの一日の摂取量は一日40粒ぐらいを目安にしてください。

<ナッツをより効率よく食美味しく食べるために、はちみつ漬けがオススメ!>

ヨーロッパでの保存食だったナッツのはちみつ漬け。

現在ではナッツとはちみつの栄養が見直されてきていることでブームとなっているのです。

はちみつにはミネラルやビタミンがバランスよく配合されており、美容や健康にとても良いものであることがわかっています。

このはちみつにナッツを漬けることで、二つの栄養を効率よく摂取することが出来ます。

ナッツのはちみつ漬けの作り方

素焼きではないナッツをを使う場合は、オーブン、またはフライパンでロースト

ナッツをはちみつを煮沸消毒した瓶に入れる

一週間~10日、冷暗所で保存

もっと味を染み込ませたい時には、半年ぐらいおくとより美味しくなります。

出来上がったはちみつ漬けはそのままでも美味しいですが、トーストやパンケーキ、ヨーグルト、アイスクリームにトッピングしてもとっても美味しいです!

様々なナッツの栄養を摂るために一種類のナッツよりミックスナッツを使うことをおススメします。

こんなに美容にも健康にも良くて、さらに美味しいナッツ。

意識的に食生活に取り入れることによって、美しく健康になりましょう(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)