紫外線が頭皮や髪に与える怖い影響とは?

紫外線が頭皮や髪に与える怖い影響とは?

暖かくなってきて、冬も終わり・・・。だけど、夏まではまだまだだから、日焼け対策、怠っていませんか!?

真夏の7月や8月が紫外線が多いのは当然のことですが、7月になる前からかなり紫外線の量は多く、5月くらいにはかなりの紫外線量が降り注いでいます!

みなさん、紫外線対策としては、肌への日焼け止めやスプレーなどしていると思いますが、実は一番対策をしなければならない場所は髪や頭皮なのです。

紫外線は頭上から降り注ぐわけですから、直撃を受けるのは髪と頭皮。
そこを紫外線からのケアを怠ると、一体どんな影響が出るのでしょうか??

【スポンサードリンク】

<髪や頭皮を紫外線からケアしなかった場合>

紫外線にあたり放題でいると、なんと、髪や頭皮、肌の奥まで入り込み徐々に細胞を壊していきます。

そうするとどうなるか。

実年齢に関係なく、老化現象を起こしまうんです!!

髪と頭皮、それぞれの詳しい影響を説明しますと・・・

◯髪の毛

毛髪の内部のメラニンを分解され、赤茶けた色になり、光の加減では白っぽく見えてしまうようになることも。赤茶けた白髪のようになるんですね。
かなり不健康・老けた印象になります。
老婆のような・・・。
さらに紫外線の影響は髪の毛の内部にも及びます。
毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合部分にもダメージが与えられてしまうため、髪の毛が不自然なところですっぱりと切れてしまう、枝毛や切れ毛といった現象がおきるのです。
酷い場合は髪の毛が抜けてしまい薄毛の原因にもなります。

◯頭皮

忘れがちなのが頭皮。
でもこれが、一番大事だったりします!!
髪は、赤茶けたりすることで、見た目でもその傷みが確認できますし、パサつく手触りや、乾燥などで、その影響を察知することができ、早めに対策が可能かもしれません。
しかし頭皮は自分で目で見て確認できませんよね。
日焼けによってヒリヒリしたりすることで注意できればまだ救いがありますが、日々紫外線の下でじわじわと細胞が壊されていくことに、なかなか気付くことができないのが恐ろしいところです。
髪の毛をつくるもととなる細胞が壊され、髪の毛が抜けてしまう抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。
さらに、頭皮の中の毛根にある、髪の毛を黒くする細胞が紫外線のダメージにより壊され、白髪が発生するともいわれています。

【スポンサードリンク】

<紫外線から頭皮を守るには?>

1.帽子をかぶる

一番手っ取り早いのが帽子ですよね!

通気性がよく、つばが広い物の方が効果があるみたいです。

麦わら帽子がいいようです。最近の麦わら帽子はかわいいですよね!!

ただ、黒い帽子を長時間かぶり、熱中症になってしまったという話もあります。

これは、黒が日差しの熱を吸収するため、頭の温度が上がってしまったことによって起きてしまうのだとか。帽子をかぶっていても、熱中症にはなるんです!

日陰を歩く、適度に休憩を取るなどし、暑い夏を乗り切りましょう。

2.日傘

これも、今では常識のように若い方から年配の方まで、夏は日傘をさしていますね。

白より黒が紫外線が通り抜けしにくいようです。

3.日陰を歩く

これはいたってシンプルなようで一番大事な対策です。

日陰の紫外線量は、日向の実に半分の量!歩く場所を選ぶだけで、かなりの対策ができます。

4.頭用のUVカットスプレー

これは認知度がまだ低いために、商品も少ないですね。

でも、夏に美容院に行ったら、美容師さんから1度は勧められたことがある方も多いはず!

美容師さんは、髪の毛のことをよくわかっているので、頭皮のUVケアは常識なんでしょうね。

いかがでしたでしょうか。

紫外線は、とにかく細胞を壊す、老化を促す、女性にとってもっとも忌むべき相手です。
強すぎる紫外線は有害です。
健康的な日焼け程度ならいいかもしれませんが(それでも私は抵抗があります)・・・。

頭皮のUVスプレー・日焼け止め・日傘・帽子を常に心がけていれば、対策はバッチリ!

紫外線に負けず、暑い季節を楽しみましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)