プチうつ症状を解消し、重い気分から脱却してスッキリしよう!

プチうつ症状を解消し、重い気分から脱却してスッキリしよう!

現代病といってもいいくらい、特に若い女性の間で増えているという「プチうつ」。

20代、30代の女性に多く、一見第三者には、その人が俗に言う典型的なうつ病には見えなく症状も軽いと思われがちですが、実際はとても治りにくい厄介なプチうつ。

「プチうつ」は俗称で、正式には「非定型うつ」というちゃんとした病気。

呼び名に”プチ”が付いているからと言って、症状が軽いわけではなく、うつの状態が短く、うつだったり正常だったり、コロコロと症状が変わるからプチが付いているんです。

それに対して、いわゆる典型的なうつ病は、「大うつ病」といわれ、ほぼ毎日ずっとうつ状態が続きます。

「プチうつ病」は夜にだけ症状が出やすいので「小うつ病」ともいい、原因としては不安が根底にあって、パニック障害や対人恐怖症を併発することも。

夜だけの症状で、昼は正常なことが多いので、周囲も自分もうつだということに気づきにくくそして治りにくいのが特徴。

無自覚の人も含めると、「プチうつ」の潜在人口はとても多いと言われています。

今回は、そんな「プチうつ」の基礎知識や対処法などについてご紹介します。

【スポンサードリンク】

<うつ病とは異なる、ぷちうつ病の基礎知識>

①プチうつの特徴

・日中は元気だったのに、タ方になると説明のつかない不安感に襲われる。
・いいことがあると、一気に気分が昂揚する
・ちょっとした他人の言葉にキレたり傷つき、ガクンと落ち込みやすい
・過眠や過食をすることが多い
・体が鉛のように重く感じる
・買い物やギャンブル、ネットにハマって抑制が効かない
・急にどこか遠くへ行きたくなる衝動にかられる
以上が代表的なプチうつの特徴です。
若い女性の場合、重いうつ病であることは少なく、ほとんどがプチうつ病と言われています。
症状のせいで、周囲からは気分屋とか怠け者のように誤解されてしまうことがありますが、本人も夜などに自分の言動を振り返り、自責の念や絶望感にさいなまれたり、とても辛い思いをしています。
 
一見、ちょっと精神的に不安定になっている程度なのかな、と思われるような軽い症状でも、治りにくくやっかいなプチうつ病。
現在はまだ医療機関でも、この病気をしっかり治すことの重要性をきちんと認識しているところはまだ少ないんです。

② 性格や環境でわかる

プチうつ病になりやすいのは、いわゆるよい子タイプ。
几帳面、仕事熱心、八方美人、善良で真面目な人に多い 病気です。

環境的な要因としては、幼少期に親が共働きで甘える機会が少なかったり、家庭内暴力などでPTSDをもっている場合。
父親と母親との関係では、母親から子どもの頃充分な愛情を注がれないと、父親との関係よりも影響が強く出るとみられています。
また、母親もうつや不安症をもっているというような遺伝的要因も関係があると言われています。
こういった環境で育った人が、なんらかのストレスがきっかけで発症すると考えられますが、必ずしも原因がはっきりしないこともあり、一概にはいえません。

プチうつ病の女性は、キレたあとで「ごめんなさい」とあやまり反省したり、「自分はダメな人間だ・・・」と落ち込んだりするのも特徴。
この病気の原因となるのは、ストレスや不安感です。
その原因を取り除くことがまず第一の治療になるのですが、無自覚がほとんどなので、そう簡単にはいかないのが現状です。

【スポンサードリンク】

<プチうつ病の治療法を知っておきましょう>

まずは、きちんと心療内科を受診しましょう。
そして処方薬をきちんと服用し、日々を規則的に過ごすことがとても大切です。

自分の病態をきちんと理解してくれる病院や医師を選び、医師はあなたの症状に応じて感情調整薬、抗不安薬、鎮静剤、抗うつ剤などを処方するので、指示にしたがって服用しましょう。

治療期間は人それぞれですが、2~3年かかることもあります。

薬物療法の他には認知療法をすることも有効とされています。

これは、人間関係をよくし感情をコントロールするためのトレーニング。

自分にあった治療法を、きちんと医師が指示してくれるので安心してくださいね。

本当は心療内科を受診するのが一番確実な方法ですが、やはり病院に行くのはちょっと抵抗がある、という方も多いはず。

自宅でプチうつを改善するために有効なのが、瞑想やお香などがいいとされています。

日常生活では、昼夜逆転しないよう規則正しく過ごし、昼間は健康的に太陽に当たることが大切。

日々を、意識的に意味や目的を持って過ごしてみてくださいね。

いかがでしたか。

なんだか最近気分が晴れない、イライラして人に当たってしまう、すぐ落ち込んでしまう、夜が来るのが憂鬱・・・。

そんな人は、自分が「プチうつ」だという病気、という自覚を持つと、意外と楽になるかもしれません。

一人で悩まずに、プチうつのことをよく知り人と話したり、必要であれば心療内科へ行くことも一つの方法です。

病気は必ず治るものですので、楽な気持ちで、プチうつの症状に向き合ってみましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)