ゴルゴラインがこれで消えた?!老け顔解消方法

ゴルゴラインがこれで消えた?!老け顔解消方法

最近、なんだか顔が老けた気がする・・・鏡を見ると、目の下から頬を横切る線が!?これはなんだろう・・・?!と、びっくりした方はいませんか?

この顔の横線は、正式名称はミッドチークラインと言いますが、通称「ゴルゴ線」といわれています。

その名の通り、有名な漫画の「ゴルゴ13」の主人公の顔の頬にくっきりと横線が描かれていることからきた名前です。

ゴルゴ線は、目尻にできるようなシワではなく、頬の皮膚や筋肉がたるんで脂肪が垂れ下がってくることによって出来る、顔の溝。

老けて見えるだけでなく、疲れて見えたり暗い表情に見えたり、非常に厄介な線なのです。

そして、シワではないので美容液などで改善できるわけでもなく、なかなか消えにくいというくせもの・・・。

今回は、この「ゴルゴ線」ができやすいタイプや、その消し方についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

<ゴルゴ線が出来やすいタイプと、その原因>

・目の下の脂肪が少ない
・目をよく使い、もともとクマができやすい人
・目が大きい人
・パソコンをよく使う人

こういう人は、ゴルゴ線が出来やすいとされているので要注意。

ゴルゴ線ができる原因と、その対策が、こちら。

・パソコンの長時間使用
視神経が疲労すると、目尻やこめかみの筋肉が硬くなり、リンパの流れが滞って、肌の弾力がなくなります。
長時間目を使ったあとは、目の周りの筋肉を軽くマッサージしてほぐし、リラックスさせて下さい。

・表情筋の衰え
ゴルゴラインは、表情筋の中の「大小頬骨筋」「上唇拳筋」が衰えることによってできる線。
顔にある表情筋は、約57種類もあるんです。
表情筋は、その名の通り筋肉なので、通常の手や足の筋肉と同じように年齢とともに衰えてしまうのです。
なので、顔の表情を大きく動かしたり、口を大きく開けたり目を見開いたり、顔のエクササイズのつもりでたまにやるだけでだいぶ違います。

・普段からの表情の癖
表情筋は日常生活では全体の30パーセントしか使われていません。
さらに、テレビやパソコンの画面を長時間み続けることによて、さらに表情が硬くなり血行やリンパの流れが悪くなり、目の周りの筋肉が硬直して凝り固まる原因になります。
これもはやり、顔の筋肉のストレッチが有効です。

・疲れ目
眼への血流が悪くなると酸素や栄養分が届かなくなり、シワや目の下のクマなども出来やすくなります。
そして目の周りの筋肉が硬くなり、やはりゴルゴ線ができる原因に。
目を酷使したあとは、まぶたの上から眼球を押すなどして、目のマッサージを忘れずに。

【スポンサードリンク】

<ゴルゴ線を消して、老け顔を解消しましょう!>

これまではゴルゴラインが出来ないように未然に防ぐ方法をご紹介しましたが、それでもゴルゴラインは出来てしまう場合もあります。

その時は、以下の方法でゴルゴ線の対処をしましょう。

・よく笑う
笑うと笑いジワが気になる、ということがよくいますが、笑うことは表情筋を鍛えるために最も有効な表情。
ゴルゴラインだけじゃなくて、その他のシワを解消する効果も期待できます。
笑うことと同じ効果を発揮する顔のエクササイズも有効。

ほほ骨の高い部分を意識しながら、笑顔を作る

口角を横に引き上げるように、口を横に広げる

その表情のまま頬に力を入れてそのままキープ

鏡の前で1日2回、顔が疲れるまでやりましょう。

・瞬き
パソコンなど、長時間の作業を余儀なくされる時は、作業中20分おきに6メートルほど離れたところを20秒間見つめたまま、20回連続で瞬きをしましょう。
疲れ目解消に有効な、簡単エクササイズです。

・目もとを温める
よく知られている疲れ目対策ですが、これがとってもゴルゴ線には有効。
小さめのハンドタオルを濡らし、電子レンジで30秒〜1分温め蒸しタオルを作り、目の上に乗せて目を温めましょう。
目の周りの血行が良くなり、疲れ目に効果があります。
疲れ目は、ゴルゴライン解消の最大の敵なので、早めの対策を。

いかがでしたか。

老け顔になんて、見られたくないですよね。

表情筋を鍛えて、いやなゴルゴラインとはおさらばしましょう!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)