モリンガって何?効能と摂取方法をご紹介

モリンガって何?効能と摂取方法をご紹介

みなさんは「モリンガ」って聞いた事はありますか?

モリンガは、北インド地方を原産とするワサビノキ科の植物で、「ミラクルツリー」ともいわれています。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった、人間や動物にとって重要な栄養素がとっても豊富。

いま注目のスーパーフードなんです。

現在、日本では、沖縄や九州など暖かい地方で栽培されています。

今回は、そんなモリンガの効能や性質、摂取方法などについてご紹介します。

【スポンサードリンク】

<モリンガの驚くべき栄養素>

具体的に、モリンガの栄養素がどれだけ優れているのか。

わかりやすく説明すると、

・ポリフェノール・・・赤ワインの約8倍
・ビタミンE・・・卵の96倍
・鉄分・・・プルーンの82倍
・アミノ酸・・・米酢の97倍
・食物繊維・・・レタスの28倍

これだけ見ても、なぜスーパーフードと言われるのかがわかりますよね。

モリンガの種・茎・葉・花・根の部分は、全て食べることができます。

葉と花の部分はハーブやお茶、種はオイル、根は漢方薬・香辛料として摂取できます。

化粧品や香水にも使われていて、 捨てるところまったくないそうです。

それでは、具体的なモリンガの効能は、どんなからだに嬉しい効果があるのでしょうか?

<モリンガの効能>

①免疫力の向上
免疫力がアップし、体調もよくなるとのこと。
疲労回復や睡眠不足解消にも一役買ってくれるそうです。

②炎症を抑える
モリンガには炎症を抑える効能も期待できるので、風邪やインフルエンザの予防にモリンガのお茶でうがいすると効果があるようです。
モリンガを生産している地域の小学校では、モリンガ茶でのうがいが実践されています。

③デトックス効果
腸内環境を整える働きがあるので、便秘が解消でき、体の中からキレイに!
ダイエットに向いていますね。

③アンチエイジング
モリンガの葉に含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果抜群。
上記に示した通り、赤ワインの約8倍ものポリフェノールがるのでその効果はかなり期待できると言えます。

④リラックス効果
ギャバ(天然アミノ酸)が豊富に入っているため、ストレスを軽減し、イライラを抑え気持ちをおだやかにする効果も期待できます。
ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質が分泌されすぎるのを抑えて、リラックス状態をもたらす作用があるのです。

【スポンサードリンク】

<モリンガの摂取方法>

①サプリメント

一番手軽なのは、やはりサプリメント。
1日1〜2粒程度の摂取が目安で、サプリなので味もなく飲みやすいです。

②パウダー

パウダー状のモリンガをスムージーに入れたり、料理に使ったりするのも方法の1つ。
1日に小さじ1杯分の摂取を目安にしてくださいね。

③お茶

モリンガをティーバッグで飲むなら、1日1,2包分ぐらいが目安。
やかんで煮だしてもOK、飲むときは冷たくしてもホットでも大丈夫。
モリンガの一番メジャーな摂取方法らしく、モリンガ茶はネット通販などでいまかなり売れているようです。
味は、甘くてまろやかな、クセがないハーブティーのような味だということです。

④料理
直接料理に利用してもOKですが、少し苦みはあるので、やはりお茶やサプリのほうがおすすめかもしれません。

いかがでしたか?

あまり聞きなれない「モリンガ」ですが、栄養素がバカにならないくらいすごいですね。

さすが、ミラクルツリーと言われるだけあって、嬉しい効果がいっぱいあります。

ぜひ、試してみては(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)