酵素洗顔の効果がすごい!毎日やる必要のない、究極洗顔。

酵素洗顔の効果がすごい!毎日やる必要のない、究極洗顔。

すっぴんの肌に自信がない、そんな方は、きっとシミやそばかす、そして肌の黒ずみがコンプレックスだから、という理由の方が多いのではないでしょうか。

毛穴の黒ずみがなかったら、肌がもう1トーン明るく見えるのに・・・
何をやってもなかなか黒ずみが消えない・・・

そんな方に、ぜひ試してみて欲しいのが酵素洗顔!!

今日はそんな酵素洗顔についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

<酵素洗顔って??>

酵素洗顔という言葉を初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。

最近は、酵素洗顔パウダーなど、市販の酵素洗顔グッズが注目されつつあるので、だんだん認知されてきてますが、そもそも酵素洗顔と普通の洗顔はどう違うのでしょう??

簡単に言うと、普通の洗顔は、顔の表面に付着した皮脂や汚れを洗い流すためのもの。

酵素洗顔はそれだけでなく、タンパク質を分解する酵素を洗顔に取り入れることによって、「古い角質を取り除く」という効果がプラスされるんです。

<酵素洗顔することによる美肌効果>

酵素によって古い角質を取り除くので、毛穴の奥深くに詰まった汚れも取り除くことが出来るようになります。

それにより、毛穴の黒ずみの原因となっている『毛穴詰まり』の解消や、吹き出物と言われる『大人ニキビ』の解消にも効果を発揮します。

余分な肌の汚れをなくせば、新陳代謝が活発になり、それにより肌荒れや乾燥など、様々な肌トラブルの予防にもなりますね。

さらに、酵素によって汚れが取れた肌は、化粧水などの保湿成分がとっても浸透しやすくなります。

普段使っている化粧水も、酵素洗顔のあと使うことによっていつもよりも数段潤いが実感できるようになるはず。

そんな嬉しい効果がいっぱいあるんです。

<酵素洗顔のやり方>

酵素洗顔は、市販の酵素パウダーを使うほかは、基本的には通常の洗顔方法と変わりません。

顔を湿らせてから、ぬるま湯でよく泡立てた酵素入りの洗顔剤で洗顔します。

よりきめ細かい泡の方が効果が期待できるので、市販の泡立てネットを使うことをお勧めします。

泡立てた泡を、肌へ乗せる感じで洗顔します。

この時に、泡の弾力でこするのではなく、肌の上にゆっくりやさしく滑らせるようにするのがポイント。泡で顔をなでるような感覚です。

強くこする必要はまったくありません。

酵素洗顔のパウダーの粒子は非常に細かく洗浄力が非常に強いので、ふんわりした泡を肌にのせただけで、古い角質をキャッチしているんです!

ヘタにこすると、肌を傷めてしまうのでやめましょう。

そして、洗い流しは、こめかみや生え際に泡を残すと吹き出物の原因になってしまうので、泡を残すことなくキレイに洗い流すことがとても大切です。

とっても簡単、いつも通りの洗顔ですね!

【スポンサードリンク】

<酵素洗顔の注意点>

①ニキビができた時は酵素洗顔を一度中断しましょう

ニキビにもいろいろな種類があり、その種類によって対処法は様々。
ニキビの種類によっては、酵素洗顔で汚れや皮脂・角質を落としてしまうと悪化してしまうニキビもあるので、ニキビができた際には、治るまで酵素洗顔は控えた方がいいでしょう。

②洗顔後は、保湿と紫外線対策は念入りに!

酵素洗顔後の肌は、化粧水や乳液などのスキンケアが浸透しやすい状況であるとともに、肌がとても敏感な状態。
角質が取り除かれたことにより、化粧水などの浸透がしやすくなると同時に、ダメージも届きやすくなっています。
洗顔後は、しっかりとケアを行い、肌内部に潤いを届けてあげましょう!

③週に1度、夜の洗顔から始める やりすぎはダメ!

朝の肌よりも夜の肌の方が皮脂分泌が多いので、夜に行うのが効果的です。
酵素洗顔は洗浄力が非常に強いので、肌への影響も大きいです。
毎日やる必要はまったくなく、逆に毎日だと肌への負担の方が大きくなってしまう可能性が。
週に1度の酵素洗顔に肌が慣れてきても、まだ肌のくすみを感じる様であれば、頻度を週に2、3回に増やしてみる、というやり方がお勧めです。

また、黒ずみを気にしている方に多いのが、ついつい黒ずみの部分を強めにこすってしまうこと。
これは絶対にダメで、あくまでもなでるように、クルクルと優しく洗顔してみてください。
くれぐれもやり過ぎはNGです。

いかがでしたか?

簡単な酵素洗顔によって、すっぴん肌がワントーン明るくなったら、ナチュラルメイクでもOK!!

理想の赤ちゃん肌に近づきたいですね!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)