紫外線対策は目も重要!シミの原因にもなる目からの紫外線

紫外線対策は目も重要!シミの原因にもなる目からの紫外線

真夏のジリジリした日差しが、紫外線をたっぷり含んでいるのは皆さんご存知の通り。

日焼け止めを塗ったり、外出時には日傘をさして、長袖を着て・・・と細心の注意を払っている方も多いと思います。

夏の紫外線にばかり注意が行きがちですが、紫外線が強まるのはすでに5月あたりからだそうです。

最近は、寒い冬が終わり、少し日差しの暖かさを感じられる頃には日傘をさす人の姿を見かけるようになり、夏以外の紫外線対策も常識になってきました。

しかし、目のUVケアをしている方はまだまだ少ないのが現状。

目のUVケアって、実は肌にとってとっても大切なんです!

そこで、今日は、目の紫外線対策についてまとめました。

【スポンサードリンク】

<目が紫外線に侵されるとどうなるの?>

目に多量の紫外線を浴びると、白内障や角膜炎になることがあるばかりでなく、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という病気になってしまうことも。

黄斑変性症とは、ものがゆがんで見えたり、視界の中心が暗く見える・ぼやけて見える、視界が全体的に不鮮明になるなど、生活する上で非常に困る症状を引き起こします。

さらに!

目から入る紫外線は顔や体の日焼けの元にもなってしまうということがわかっています。

以下では、目から入る紫外線が顔や体の日焼けに繋がる理由、そして目の紫外線対策の注意点をご紹介します。

<目に紫外線が入ると、体も日焼けする理由>

目に紫外線が入ると角膜に炎症が起こり、脳は目が紫外線ダメージを受けた事を察知して、体内に日焼けやシミの元となるメラニンを発生させる事が、最近の動物実験で明らかになりました。

日焼け止めや日傘などで、顔や体に直接浴びる紫外線量を減らしたとしても、目のUVケアをしていなければ、体内にメラニンが発生してしまうということなんです。

動物実験の段階ではあるようですが、高確率でヒトにも起こりうる現象らしいです。

<目の紫外線対策が重要!!>

目の紫外線対策として、すぐに思いつくのはサングラス。

少し過剰かもしれませんが、家の中でもカーテンを開けたら日焼け止めを塗るべきとも言われています。

しかし、家の中でサングラスをかけるのはさすがにやりすぎ感が・・・。

では、サングラスはどのタイミングでかけるのが良いのでしょうか?

実は、目にはもともと紫外線を防ぐ機能があります。

日常生活を送る中では、特にサングラスをかける必要はないそうです。

ただし、屋外に長時間いる場合には、目の紫外線を防ぐ力だけでは対応できないのでサングラスを利用すると良いですね。

<サングラスを選ぶポイント>

サングラスを選ぶときには、必ずUVカット機能があるものを選びましょう。

色の濃いものが、紫外線カット量が多いという錯覚を抱きがちですが、UVカット機能と色の濃さは何の関係もありません。

それどころか、UVカット機能のない濃い色のサングラスをかけてしまうと、サングラスで光が遮られて、目は光を多く集めようと瞳孔が開きます。

瞳孔が開いた目は、紫外線も多く取り込んでしまいますので、サングラスをかけた事が逆効果になってしまうなんていうことも。

お手持ちのサングラスにUVカット機能があるのか、一度確認してみてくださいね!

日傘や帽子、そしてサングラスを併用することで、サングラスの隙間から目に入る紫外線をかなり防ぐことができます。

【スポンサードリンク】

紫外線は、本当に侮れないですね。

確かに、長時間屋外で過ごした後、目がヒリヒリしたり目が充血したりすることがありますよね。

その時は、確実に肌の中でメラミンが作られているということです!!

そうならないために、ぜひ目にも紫外線対策を(^ ^)

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)